NEW

大阪杯(G1)コントレイル、グランアレグリアだけじゃない? 無敗でのG1勝利を狙う刺客レイパパレ

【この記事のキーワード】, ,

大阪杯(G1)コントレイル、グランアレグリアだけじゃない? 無敗でのG1勝利を狙う刺客レイパパレの画像1

 4月4日に阪神競馬場で行なわれる大阪杯(G1)。

 昨年、史上3頭目となる無敗の三冠を達成したコントレイルや、昨年の安田記念(G1)で歴代最強牝馬と名高いアーモンドアイに土をつけたグランアレグリア、コントレイル最大のライバル・サリオスなどG1常連馬をはじめ豪華なメンバーが阪神競馬場に集う。中でもコントレイルとグランアレグリアの対決が、今レースの目玉とされているのは周知の通りだろう。

 そんな豪華な顔ぶれが揃うレースの有力候補として名乗りを上げているのが、レイパパレ(牝4歳、栗東・高野友和厩舎)だ。

 これまでの戦績は5戦5勝と未だ負けなし、重賞は前走のチャレンジC(G3)以来2回目で、今大会で自身初のG1タイトル獲得を狙う。無敗の同馬に期待する声もある中、G1常連ばかりの豪華メンバーを前に、そんなに甘くないという声も一定数存在する。

 無傷での5連勝と輝かしい成績を誇るレイパパレだが、大阪杯が行われる阪神競馬場でもこれまでに2度勝利を収めている。さらに前走のチャレンジCは阪神競馬場の芝2000mと、大阪杯と同じコースでの勝利は好材料だ。

大阪杯(G1)コントレイル、グランアレグリアだけじゃない? 無敗でのG1勝利を狙う刺客レイパパレの画像2

 さらに初戦からここまで常にタッグを組んでおり、当日の騎乗も想定されているのが、先日の高松宮記念(G1)で重賞100勝を果たした川田将雅騎手だ。

 今年の阪神競馬場での成績を見てみると23戦8勝、勝率34.8%と高い結果を残している。全競技場の勝率が22.1%であることからも、阪神競馬場が得意であるといえるだろう。

 またレイパパレの血統は父ディープインパクト、母の父クロフネ。ディープインパクト産駒の2011年から10年間の大阪杯の結果を見てみると(4-2-4-18)となっており、勝率は14.3%、連対率では21.4%とかなりの相性の高さが伺える。

 さらに2017年大阪杯ではレイパパレと同じく父にディープインパクト、母父にクロフネを持つステファノスが2着だったことも後押ししてくれる材料になりそうだ。

 ここまでの文句をつけようのない戦績、大阪杯と相性の高い血統の裏付け、阪神競馬場を得意としており、今勢いに乗っている川田騎手の騎乗……好材料は揃っている。

 確かに、これまでのレースは相手が弱かったということには一理あるが、逆にここまで負けがないため底を見せていない点は大きな魅力だ。

 無敗のレイパパレが好条件で迎える大阪杯。果たして並みいる強豪たちを退け、無敗でG1制覇を達成してしまうのか。今週末の大阪杯に期待が高まる。

大阪杯(G1)コントレイル、グランアレグリアだけじゃない? 無敗でのG1勝利を狙う刺客レイパパレのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  3. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  4. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  5. JRA 日本ダービー(G1)競馬ファンなら知っていて当然? 武豊と「キンコンカン」の密接な関係…出会い、絶縁、屈辱を味わった超大物たち
  6. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  7. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  9. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  10. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠