NEW

高松宮記念(G1)モズスーパーフレアが見せた復活の兆し。着順以上に評価できる理由

【この記事のキーワード】, ,

高松宮記念(G1)モズスーパーフレアが見せた復活の兆し。着順以上に評価できる理由の画像1

 28日に中京競馬場で行なわれた高松宮記念(G1)。

 当日降り始めた雨により重馬場となったこの日、同じく重馬場で大荒れとなった昨年のレースと、どこか重なって見えた人も多かったかもしれない。しかし蓋を開けてみれば2番人気のダノンスマッシュが勝利を飾り、1番人気のレシステンシア、3番人気のインディチャンプが2、3着に続くという固い結果で幕を閉じた。

 その中で注目したいのはモズスーパーフレア(牝6歳、栗東・音無秀孝厩舎)だ。

 同馬は昨年の高松宮記念の勝利馬であることでも知られるが、それ以降は勝利からは遠ざかっており、特に直近3走は馬券内にすら届かないという結果に終わっていた。

 それも響いたのか、昨年の優勝馬ながら6番人気だったモズスーパーフレア。しかし、ゲートが開くとロケットスタートのような見事な発馬を決め、後続に1馬身差をつけてハナに立った。昨年も華麗なスタートを見せた松若風馬騎手の腕が光った。

 レースの流れを支配しながらインを走ることを意識し、前半600m34.0秒は昨年とほとんど変わらないペースで展開した。直線に入った直後も後続を放し、後ろの馬群には約3馬身差をつけてラスト100m付近まで逃げ粘った。

 しかし、内から伸びてきたインディチャンプに交わされ、その直後に外から勝負を仕掛けてきたレシステンシアとダノンスマッシュにも差され、そのすぐ後ろにつけていたトゥラヴェスーラに抜かれて、最後は5着で入線した。

 だが、着順以上に良い内容であったといえるのではないだろうか。レース後に、松若騎手が「内枠から質の良いスタートが切れました。リズム良く運べましたが、4コーナーでは内の悪い馬場に滑りながら加速することになりました。それでもよく頑張っています」と話していたように、有利といわれている内枠で、これ以上ないスタートを切れたのは流石といえる。リズム良く逃げることができたのは、この時点で後続と差をつけたことが大きかっただろう。

 その後の無駄のないコース取りも然ることながら、評価したいのは直線に入ってからモズスーパーフレアが見せた二の脚の速さだ。

 4コーナーを曲がって直線に入った時には1馬身ほどしかなかった後続との差が、さらに加速したために400m前では3馬身ほどの差をつけていた。一瞬、連覇が期待されたがゴール100m手前で捕まってしまった。

 終始完璧ともいえる騎乗だったが、5着に敗れたのはモズスーパーフレアの衰えというよりも、上位馬の能力が一枚上だったということかもしれない。上位馬3頭がマイル重賞で結果を残している点からも、今回の勝負は通常の短距離戦以上のスタミナやパワーが求められたレースだったといえるだろう。

 馬券外には終わったが、モズスーパーフレアにとっても得るものが大きいレースとなった今年の高松宮記念。昨年大敗を喫したスプリンターズS(G1)へ、今から希望が持てそうな走りを見せてくれた。

高松宮記念(G1)モズスーパーフレアが見せた復活の兆し。着順以上に評価できる理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  2. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  3. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  4. JRA【オークス(G1)展望】桜花賞馬を“捨てた”川田将雅の決断…大混戦「樫の女王決定戦」は新星アートハウスVS桜花賞組!
  5. JRA「何故」ソダシの独壇場だったのか。G1馬5頭の史上最高メンバー集結も、拍子抜けのワンサイド…楽勝劇を生んだ「思惑」の交差と「想定外」のアクシデント
  6. JRAレイパパレも「8番目」の被害者に…M.デムーロ、川田将雅も打つ手なし!? オークス(G1)「凡走条件」に当て嵌まるのはどっち
  7. JRA日本ダービー(G1)「重賞勝ち」でも除外……ボーダーは史上最高レベルか。C.ルメール絶賛の「大器」が出走危機、安藤勝己氏の推奨馬は出走絶望に
  8. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  9. JRAオークスでファンを悩ませる川田将雅とアートハウス、ルメールとスターズオンアースの乗り替わり。そして盲点となる意外な穴馬!
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」