NEW

JRA新人女性騎手・古川奈穂「“地雷”」を踏んでの戒告処分に戦々恐々!?「フラフラする面が……」土日連勝も残った遺恨、一方の秋山稔樹は騎乗停止に……

【この記事のキーワード】, ,

JRA新人女性騎手・古川奈穂「地雷」を踏んでの戒告処分に戦々恐々!?「フラフラする面が……」土日連勝も残った遺恨、一方の秋山稔樹は騎乗停止に……の画像1

 28日、中京競馬場で行われた7R・1勝クラスは、5番人気のタイセイモンストル(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が勝利。2番人気に支持された前走の12着惨敗から見事な巻き返しを見せ、待望の2勝目を挙げた。

「向正面でハミを取ったので、馬の気持ちに任せてハナに行きました。内から張られたので楽にギアを上げることができませんでしたが、よく頑張ってくれました」

 レース後にそう語った鞍上の古川奈穂騎手の積極的な騎乗が光った内容だった。この3月にデビューしたばかりの新人騎手は、これでJRAの女性騎手として初の土日連続勝利。デビューから4勝目を挙げ、同期のライバルたちを一歩リードしている。

 だが、その一方で今回のレースは後味の悪い決着になったようだ。

「最後のゴールまで古川奈騎手のタイセイモンストルが外側へ斜行、ほぼ同時に秋山稔樹騎手のシトラスクーラーが外側から内へ切れ込んだため、ウインエアフォルクやダノンレガーロが挟まれる形で進路が狭くなってしまいました。

この結果、古川奈騎手には戒告、秋山稔騎手には2日間の騎乗停止処分が下されています」(競馬記者)

JRA新人女性騎手・古川奈穂「地雷」を踏んでの戒告処分に戦々恐々!?「フラフラする面が……」土日連勝も残った遺恨、一方の秋山稔樹は騎乗停止に……の画像2

 ただ、一方で秋山稔騎手の騎乗停止には「少々厳しいのでは」という声もあったようだ。

「最後の直線では、秋山稔騎手も馬が内に行かないように内側からムチを入れていたんですが、それでもモタれることを止められずに騎乗停止になりました。以前から左にモタれる面のある馬で、ジョッキーには気の毒な制裁になってしまいましたね。

斜行による騎乗停止は基本4日間ですが、2日間になったのは、その辺に酌量の余地があったからだと思います。それでも一部の関係者からは『厳しい』という声もありましたよ。

詳細はまだわかりませんが、もしかしたら被害馬のダノンレガーロの鞍上が川田(将雅)騎手だったことが、少なからず関係していたかもしれません。ダノンレガーロは1番人気で、川田騎手にとっても負けられないレースでしたし、以前からこういうことには厳しい姿勢を示す騎手なので……」(競馬記者)

 記者がそう話すのも、これまで川田騎手が斜行などのアクシデントに巻き込まれた際には、毅然とした態度を貫いてきたからだ。

JRA新人女性騎手・古川奈穂「“地雷”」を踏んでの戒告処分に戦々恐々!?「フラフラする面が……」土日連勝も残った遺恨、一方の秋山稔樹は騎乗停止に……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  3. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  4. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  5. JRA 日本ダービー(G1)競馬ファンなら知っていて当然? 武豊と「キンコンカン」の密接な関係…出会い、絶縁、屈辱を味わった超大物たち
  6. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  7. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  9. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  10. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠