NEW

JRA新人女性騎手・古川奈穂「“地雷”」を踏んでの戒告処分に戦々恐々!?「フラフラする面が……」土日連勝も残った遺恨、一方の秋山稔樹は騎乗停止に……

【この記事のキーワード】, ,

JRA新人女性騎手・古川奈穂「地雷」を踏んでの戒告処分に戦々恐々!?「フラフラする面が……」土日連勝も残った遺恨、一方の秋山稔樹は騎乗停止に……の画像3

 最近で有名なのは、やはり昨年の阪急杯(G3)だろう。ゴール後に川田騎手であろう「ユーイチ!」という怒声が無観客の競馬場に響き渡ったことで、ネット上の競馬ファンがザワついた曰くつきのレースだ。

 結果的に、川田騎手のフィアーノロマーノの進路を塞いでしまった北村友一騎手は騎乗停止。だが、レース後も川田騎手が北村友騎手を説教、審議に対しても猛抗議したことが「北村友騎手の処分に影響したのでは」と噂になり、関係者も戦々恐々になっていたという。

「他にも、先週の高松宮記念(G1)で3着だったインディチャンプが(2019年の)マイルCSに出走した際、直前で主戦の福永祐一騎手が騎乗停止になるアクシデントがありましたが、あれも被害馬に騎乗していたのが川田騎手でした。

もちろん、相手に非があることですし、川田騎手にしても任された馬で結果を残す責任を背負っている以上、手心を加えるわけにはいかない立場。過去に大きなレースで度重なる不利を受けたことも、今の毅然とした態度に繋がっているのかもしれません」(同)

 レース後、「フラフラする面があるから、そのあたりは改善していきたい」と話していた古川奈騎手。まだデビュー間もない新人騎手だけに仕方のない部分はあるかもしれないが、今後の反省に活かしてほしいところだ。

JRA新人女性騎手・古川奈穂「“地雷”」を踏んでの戒告処分に戦々恐々!?「フラフラする面が……」土日連勝も残った遺恨、一方の秋山稔樹は騎乗停止に……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由