NEW

JRA サリオス、グランアレグリアに待ち受ける「52戦0勝」の鬼門とは……。 大阪杯(G1)コントレイル優勢を後押しするジンクス

【この記事のキーワード】, ,

JRAサリオス、グランアレグリアに待ち受ける「52戦0勝」の鬼門とは……。 大阪杯(G1)コントレイル優勢を後押しするジンクスの画像1

 JRAの開催はいよいよ4月に突入。4日には、春本番を告げる大阪杯(G1)が阪神競馬場で開催される。

 G1昇格後、5年目を迎える今年の大阪杯。昨年の三冠馬コントレイルを中心に、グランアレグリアとサリオスの三つ巴ムードが漂う。

 3強はそろって昨秋からのぶっつけ本番と条件は同じ。ただし、『netkeiba.com』の予想オッズではコントレイルが1.6倍、グランアレグリアが2.3倍、サリオスが6.7倍で(29日14時現在)、“3冠馬”という肩書も手伝って、本番でもコントレイルの1番人気が濃厚だ。

 注目したいのは、3度目の直接対決で打倒コントレイルに燃えるサリオスと、初距離で真価が問われるグランアレグリアの2頭。両馬に共通するのは、ともに関東馬という点である。この事実がコントレイルのG1・5勝目を後押しする可能性があるという。

「今回で65回目を迎える大阪杯ですが、G2時代から長らく関東馬には鬼門のレースとして知られています。関東馬が最後にこのレースを制したのは1999年。1番人気に支持されたサイレントハンターが見事な逃げ切り勝ちを収めました。それ以降、関東馬は一度も勝つことができていません」(競馬記者)

 2000年から昨年までの21年間で、のべ52頭もの関東馬が大阪杯に出走しているが、その成績は「0-6-2-44」。2着は6回を数えるが、勝利するには至っていない。G1昇格後の過去4年間では「0-0-1-14」と連対もない。

JRAサリオス、グランアレグリアに待ち受ける「52戦0勝」の鬼門とは……。 大阪杯(G1)コントレイル優勢を後押しするジンクスの画像2

「単に強い関東馬が出走していないだけなのでは?」という声も聞こえてきそうだが、そうとも言えない。実際に過去2年を見ても、19年ブラストワンピース(6着)と20年ダノンキングリー(3着)はともに1番人気に支持されている。

「栗東に坂路が設置され、関西馬が関東馬を圧倒しはじめたのは1990年頃。大阪杯に限らず、その頃から関東馬が関西に遠征して重賞を勝つことはあまり多くないのが現実です。ただ、大阪杯には実力のある関東馬の参戦も多く、その中での21年間未勝利というのは、もはやジンクスともいえるでしょう。

今年出走するグランアレグリアとサリオスはともに、距離こそマイルですが、阪神芝G1勝ち馬でもあります。2頭とも鉄砲実績もあり、この舞台ならサイレントハンター以来の勝利も十分あると思いますよ」(同)

 今年はグランアレグリアとサリオスに加え、クレッシェンドラヴが美浦から遠征する。果たして、22年ぶりの関東馬勝利は見られるか。

JRA サリオス、グランアレグリアに待ち受ける「52戦0勝」の鬼門とは……。 大阪杯(G1)コントレイル優勢を後押しするジンクスのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  3. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  4. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  5. JRA 日本ダービー(G1)競馬ファンなら知っていて当然? 武豊と「キンコンカン」の密接な関係…出会い、絶縁、屈辱を味わった超大物たち
  6. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  7. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  9. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  10. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠