NEW

JRA 武豊がCM大ヒット『ウマ娘』に『ダビスタ最新作』完全敗北!? 満を持しての「ドン詰まり解消」神アプデも、反響が乏しい「理由」とは

JRA 武豊がCM大ヒット『ウマ娘』に『ダビスタ最新作』完全敗北!? 満を持しての「ドン詰まり解消」神アプデも、反響が乏しい「理由」とはの画像1
公式HPより

 25日、名作競馬ゲーム『ダービースタリオン』(Nintendo Switch版、ゲームアディクト)が【Ver1.0.3】となるアップデートを行った。

 昨年、12月に約6年ぶりの新シリーズ発売となり、多くの競馬ファンからの注目を集めた「ダビスタ」ことダービースタリオン。人気だった調教の醍醐味や、奥深い配合理論などがオールドファンを中心にユーザーに刺さり、発売当初はTwitterでトレンド入りすることもしばしば……。数多くの攻略動画がアップされるなど、大ヒットを予感させるものがあった。

 そんな中で今回行われたアップデートの目玉は、以前よりユーザーから疑問視されていた「ドン詰まり現象」の緩和だ。

 最後の直線などで馬群に詰まってしまい、本来の力を発揮できずに終わってしまうレースがあまりに多かったため、作戦指示のセオリーが「逃げ」の一択になってしまうなど、何かと問題視されていたドン詰まり現象。

 今回はアップデートの項目に「最終コーナーで馬群が広がるようにして、差しや追い込みが決まりやすくなるようレースバランスを調整しました」(公式サイトより)と記載されている通り、状況が大きく改善。Twitterなどでは、早くも「神アプデ」と称賛する声も上がっている。

 しかし、そう褒め称えたのは発売時から比較すれば、本当にごく一部のユーザーだけだったようだ。最大の問題にメスを入れた今回の「神アプデ」だが、想像以上に反響が小さいのは何故なのだろうか。

「一言で言うと『遅過ぎた』印象です。この直線で馬群に詰まってしまう現象は、昨年12月の発売当初から多くのユーザーが問題視しており、開発を担当したランド・ホーの公式Twitterには数多くの状況改善の声が寄せられていました。

それも今回のダービースタリオンはオンライン化されており、状況に応じた早期アップデートが期待されていたからです。しかし、実際に問題が改善を迎えたのは、発売から3カ月以上も経った今月下旬……残念ですが、そりゃファンも離れてしまいますよ」(競馬誌ライター)

 ライターが指摘した通り、実際にネット上のSNSや掲示板でも「今頃か」「もう全然やってないわ」「遅過ぎ」という批判的な声もあった。

 ただ、ゲームの肝となるレース環境を大きく修正することは、普通に考えても容易なことではない。発売から3カ月後の改善は確かに遅かった感はあるが、それにしてもここまで反響が乏しくなったことには「他の要因」もあるようだ。

JRA 武豊がCM大ヒット『ウマ娘』に『ダビスタ最新作』完全敗北!? 満を持しての「ドン詰まり解消」神アプデも、反響が乏しい「理由」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!