NEW

JRA「騎乗停止」松山弘平サリオスが狙う15年前の再現!? 大阪杯(G1)コントレイル、グランアレグリア「春のディープ祭り」に父の血が猛反発

【この記事のキーワード】, ,

JRA「騎乗停止」松山弘平サリオスが狙う15年前の再現!? 大阪杯(G1)コントレイル、グランアレグリア「春のディープ祭り」に父の血が猛反発の画像1

 伝説は繰り返されるのか――。

 4月4日、阪神競馬場で行われる大阪杯(G1)は、例年以上に豪華な顔ぶれが揃った。

 昨年の春秋マイルG1、スプリンターズS(G1)を制し、G1・3勝を挙げたグランアレグリア、父のディープインパクトに続き、15年ぶりに無敗の三冠馬に輝いたコントレイルが出走を予定。さらに5戦無敗のレイパパレが参戦を表明し、昨年のジャパンC(G1)を彷彿とさせるレースになりそうだ。

 これらの3頭は、全て天下のディープインパクト産駒。そんな中、3強に次いで大きな注目を集めるのが、ハーツクライ産駒のサリオス(牡4歳、美浦・堀宣行厩舎)である。

 デビュー戦を快勝し、サウジアラビアRC(G3)では1分32秒7という東京芝1600mの2歳レコードをマーク。続く朝日杯FS(G1)も制し3連勝で2歳王者となったが、その後の牡馬クラシックではコントレイルの前になす術がなかった。

 直接対決となった皐月賞(G1)では、コントレイルと接戦のうえ2着に惜敗。巻き返しを狙った日本ダービー(G1)でも再び2着と健闘したものの、3馬身差という明確な差をつけられる完敗を喫している。

JRA「騎乗停止」松山弘平サリオスが狙う15年前の再現!? 大阪杯(G1)コントレイル、グランアレグリア「春のディープ祭り」に父の血が猛反発の画像2

「世代No.2」としてのイメージがすっかり定着したサリオスに、追い打ちをかけたのがマイルCS(G1)のグランアレグリアだった。

 デビューからの3戦が全て1600mであったことに加え、皐月賞、日本ダービーでの敗戦。陣営も「秋はマイル路線中心」と話していたこともあり、マイルCSは背水の陣だったに違いない。

 しかし、レースでは後方からの追走となり、外から追い込むも5着。「世代No.2」どころか、古馬の壁にも跳ね返された。

 だが、鞍上の松山弘平騎手がサリオスにとっての心強いパートナーとなるかもしれない。

 カレンブーケドールに騎乗した27日の日経賞(G2)で斜行したため、来週の4月10日から18日までの騎乗停止処分が下された。有力馬を確保していた桜花賞(G1)、皐月賞(G1)に騎乗できなくなっただけに、今週にかける思いは大きいはずだ。

JRA「騎乗停止」松山弘平サリオスが狙う15年前の再現!? 大阪杯(G1)コントレイル、グランアレグリア「春のディープ祭り」に父の血が猛反発のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!