NEW

JRA 若手騎手たちの「騎乗停止」が止まらない!? 新人騎手にも手痛い洗礼、最も悪目立ちしてしまったのは噂の彼女

【この記事のキーワード】, ,

JRA若手騎手たちの「騎乗停止」が止まらない!? 新人騎手にも手痛い洗礼、最も悪目立ちしてしまったのは噂の彼女の画像1

 3月も終わりが近づき、4月も目前。競馬ファンが待ちわびた春競馬がスタートする矢先の先週の競馬では、奇しくも騎乗停止が相次いだ。

 まずは先々週の土日で11勝を挙げるなど、今をときめく松山弘平騎手。しかし27日(土)中山メインの日経賞(G2)で、手痛い騎乗停止処分を食らってしまった。

 カレンブーケドールに騎乗した松山騎手は、2周目の第3コーナーで内側に斜行。ラチ沿いを走るウインキートスの進路を塞ぐ格好となった。その反動でラチにぶつかった同馬は、弾かれるように外側に飛び出てしまい、ゴーフォザサミットの進路も妨害する「玉突き事故」となり、この制裁で松山騎手は4月10日から19日まで9日間の騎乗停止が決定。11日の桜花賞と18日の皐月賞(ともにG1)に騎乗できなくなるなど、その代償はあまりにも痛いものだった。

 さらに先週の競馬では、残念ながら若手騎手たちの“暴走”ぶりも目立った。

 翌日、高松宮記念(G1)が開催された中京競馬場では、G1レースに出走するトップジョッキーと若手騎手が一緒に出走するレースが多かった。

 14頭立てで行われた第7レースには、同日の高松宮記念を制した川田将雅騎手や、和田竜二騎手らのリーディング上位騎手に混じってデビュー間もない騎手たちも参戦。事件は最後の直線で起こった。

 決勝線手前で、古川奈穂騎手のタイセイモンストルが外側に斜行。さらに外側を走っていた秋山稔樹騎手のシトラスクーラーが内側に斜行。ウインエアフォルクとダノンレガーロを挟むかたちになり、2頭の進路を妨害してしまったのだ。これにより、13番の馬に騎乗していたデビュー2年目の秋山稔騎手は3着に入線も、4月10・11日と2日間の騎乗停止の制裁が下った。

 そこで被害馬のダノンレガーロに騎乗していたのが川田騎手。パトロールビデオを見ると、不利を受けた直後は馬上で立ち上がらんばかりの仕草をみせるなど、若手騎手たちの粗相(そそう)に怒りを隠せないような素振りをみせていた。

 さらに続く8レース。こちらはやや少頭数の11頭立てながら、またしても危険な騎乗が散見された。ルーラーザクイーンの永島まなみ騎手は,最後の直線コースで内側に斜行したことについて戒告を受け、山田敬士騎手は最終4コーナーを回った後、道中後方を走っていたユウヒノプリンスで内側に斜行。ディーププリモに接触して、騎乗していた古川奈騎手を落馬させてしまったのだ。

 これで4月10〜18日の9日間の騎乗停止処分が下った山田騎手。新人時代に「ゴール間違え」の距離誤認事件を犯した同騎手も、もうデビュー4年目。迎えた今年は、3月を終えても未勝利のままだ。

 そして偶然か必然か。この日に起きた一連のレースの加害者でもあり、被害者でもあったのが新人女性騎手として注目を浴びる古川奈騎手だ。

JRA 若手騎手たちの「騎乗停止」が止まらない!? 新人騎手にも手痛い洗礼、最も悪目立ちしてしまったのは噂の彼女のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?