NEW

JRA M.デムーロ「消しの法則」が発動!? グラティアスは買えてもアールドヴィーヴルは買えない理由、桜花賞(G1)、皐月賞(G1)で手綱を託された2頭の「決定的な違い」

JRA M.デムーロ「消しの法則」が発動!? グラティアスは買えてもアールドヴィーヴルは買えない理由、桜花賞(G1)、皐月賞(G1)で手綱を託された2頭の「決定的な違い」の画像1

 4月18日、中山競馬場で行われる皐月賞(G1)に出走を予定しているグラティアス(牡3歳、美浦・加藤征弘厩舎)の鞍上が、M.デムーロ騎手となることがわかった。

 グラティアスの鞍上には松山弘平騎手が予定されていたが、27日の日経賞(G2)に出走したカレンブーケドールに騎乗した際、2周目3コーナーで内側に斜行。同騎手は、4月10日から18日までの騎乗停止が決まっていた。

 4月11日に行われる桜花賞(G1)のアールドヴィーヴルに引き続き、またもデムーロ騎手に巡ってきたチャンス。今年のクラシックは大いに期待が持てそうだ。

 20日にはフラワーC(G3)のユーバーレーベン、21日にはスプリングS(G2)のランドオブリバティと有力馬の鞍上に予定されていたが、7日の中山競馬で騎乗停止処分を受け、騎乗することができなかったデムーロ騎手。冒頭のグラティアス、アールドヴィーヴル以外にも、4月25日のフローラS(G2)ではフラワーCで騎乗できなかったユーバーレーベンに再び騎乗することが決定しており、運も上向いてきたといえるだろう。

 そんなデムーロ騎手だが、今年は目覚ましい成績を残している。

 ここまで101回の騎乗に対し、勝率14.9%、複勝率40.6%で、成績は【15-13-13-60/101】。単勝回収率129%、複勝回収率127%と、ファンとしてはデムーロ騎手を全部買っているだけでプラス収支となるだけに、アールドヴィーヴル、グラティアスも当然「買い」と言いたいところだが、同じデムーロ騎手でもアールドヴィーヴルとグラティアスでは大きく明暗が分かれるかもしれない。

 それは、デムーロ騎手の成績が美浦所属馬と栗東所属馬で大きく異なるからだ。

 美浦所属馬での成績が【14-10-10-38/72】で、勝率19.4%、複勝率47.2%、回収率にしても単勝174%、複勝156%と好調なのに対し、栗東所属馬での成績は【1-3-3-22/29】で、勝率3.4%、複勝率24.1%、回収率は単勝17%、複勝53%と期待値が100%を大きく下回るのである。

 つまり、この法則でいくと、美浦・加藤征厩舎所属のグラティアスは「買い」、栗東・今野厩舎のアールドヴィーヴルは「買えない」という判断になるのかもしれない。

 とはいえ、今年の重賞では【0-1-1-9/11】で複勝率18.2%、複勝回収率32%と、東西問わず好調とは言い難い。さらに栗東所属馬となると【0-0-1-6/7】で複勝率14.3%、複勝回収率は27%と散々な成績だ。

 2017年には重賞で18勝と大暴れしていたデムーロ騎手に、今年の春はいつやってくるのだろうか……。これらのチャンスをものにし、かつてのデムーロ騎手が戻ってくることに期待したい。

JRA M.デムーロ「消しの法則」が発動!? グラティアスは買えてもアールドヴィーヴルは買えない理由、桜花賞(G1)、皐月賞(G1)で手綱を託された2頭の「決定的な違い」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由