NEW

JRA 川田将雅「政治力」光った!? 高松宮記念(G1)ダノンスマッシュの進路が空いた裏舞台……若手騎手は委縮で触らぬ神に祟りなし?

【この記事のキーワード】, ,

JRA 川田将雅「政治力」光った高松宮記念(G1)、ダノンスマッシュの進路が空いた裏舞台、若手騎手は委縮で触らぬ神に祟りなし!?の画像2

「レシステンシアは4コーナーから直線にかけて真っ直ぐ走っていれば、着差がクビだけに勝っていたかもしれない走りでした。ですが、セイウンコウセイの幸騎手が少し外に膨れた事に反応して浜中騎手が過剰にスペースを空けたことが明暗を分けました。あそこが勝負の分かれ目でしたね。

そこに突っ込んできたのがダノンスマッシュ。一度、頭くらい入られてしまえば、浜中騎手の心境としたら以前のミッキーアイルの一件もありますし、相手も川田騎手で気が引けたのではないでしょうか。レシステンシアが締めていれば、外へ回さないとならないダノンスマッシュは、おそらく届かなかったと思います」(同騎手)

 まだ若手騎手の一人だった10年前には、師匠である安田隆行調教師の管理馬ダッシャーゴーゴーに騎乗したG1のスプリンターズS、高松宮記念で2度の降着騒ぎを起こした川田騎手だが、今や日本を代表するトップジョッキーの一人にまで成長した。

 先輩ジョッキー相手にも物怖じしない正義感の強さは、大きな武器となっていることに違いないが、今は自身が先輩騎手として後輩の模範となる立場でもある。

 相手のためを思っての言動でも、一歩間違えれば「触らぬ神に祟りなし」のような誤解を生む原因ともなりかねない。今後はもう少しソフトな対応も必要となるかもしれない。

JRA 川田将雅「政治力」光った!? 高松宮記念(G1)ダノンスマッシュの進路が空いた裏舞台……若手騎手は委縮で触らぬ神に祟りなし?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  2. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  3. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  4. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  5. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  6. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  7. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  8. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと
  9. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」