NEW

パチンコホール「宣伝費」はコロナ禍で前年比の7割。「広告動向と意識の調査2020年版」を発表 

【この記事のキーワード】,

パチンコホール「宣伝費」はコロナ禍で前年比の7割。「広告動向と意識の調査2020年版」を発表 の画像1

 一般社団法人ぱちんこ広告協議会(PAA)はこのほど、パチンコホールにおける広告宣伝の実態をまとめた「広告動向と意識の調査2020年版」を公式HP上で発表した。

 同調査は2020年11月1日~11月20日を回答期間とし、パチンコホール12社(975店舗相当)とPAA会員の広告・メディア企業27社から回答を得た。各質問では2020年2月から9月の期間について、前年との同月比較を尋ねた。

 監修は東洋大学現代社会総合研究所の柳井猛晶氏、法律関係有識者である生島靖也氏が務めた。

 これによると、昨年におけるホールの広告宣伝費及び販売促進費は、1回目の緊急事態宣言下であった4~5月で一気に低下。以降は回復を見せたものの、ピークの7~8月でも120%以上がわずか1件、他は100%未満であり、平均すると前年比で7割程度に留まったことが分かった。

 一方、広告・メディア企業におけるパチンコ関連事業の業績は、一部120%を超える回答があったものの、軒並み前年比で100%以下。売上面ではプラスであっても、利益的にはマイナス傾向であることが伺えた。

 期間中の効果性とコストの重視度合いについては、全体の91.7%で効果性を重視すると回答。特に、規模の大きいホール企業よりも、規模の小さいホール企業でその傾向が強い。

 広告・メディア企業では、社内改革を重視したとの回答が全体の97%。その改革は様々であろうが、アンケートでは「事業ドメインレベルでの変革(広告以外、ぱちんこ以外)」も重視されていることが判明した。

 意識変化の原因としては、コロナ禍による休業要請や広告自粛によって、のめり込みや射幸性の抑止など、過去から続く問題を引きずりながら顕著化したと分析。そうした経営の先行きの変化から用いられる広告・販促手法も変わり、ホールでは広告単価、広告・メディア企業では原価の変化が関連付けられるとした。

【注目記事】

パチンコ「140連」に続く歓喜を期待…「超速出玉×約92%継続」の極限スペック始動!進化を遂げた「人気シリーズ」も始動!!

パチンコ「図柄揃いALL1500発」の満足感が魅力!「3000発×約72%ループ」の爆裂機も参戦!!【4月デビュー「激アツ新台」特集】

パチンコ新台ALL「約1600発」×「81%ループ」の限界突破スペック! 「10万発」も見込めた“爆裂王”が新時代に降臨!!

パチンコホール「宣伝費」はコロナ禍で前年比の7割。「広告動向と意識の調査2020年版」を発表 のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合
  1. パチンコ「バトル勝利=ALL2000発」の激アツRUSH搭載! 確変or通常のスリリングな展開を楽しめた傑作!!
  2. パチスロ「引き次第で勝てる」最高峰の6号機!? 状態とレア役が絡み合えば“設定不問”で勝負できる人気作を実戦!!
  3. パチスロ新台『ジャグラー』最大のライバルが“出玉特化”スペックで再臨! BIG偏向型で遊びやすさも兼ね備えた優秀マシン! 新台分析―パチスロ編―
  4. 新遊技機「スマートパチンコ」「スマートパチスロ」間もなく登場!? 気になる概要は…
  5. 甘デジ級の確率で「2400発フラグ」「ALL10R×80%継続」を実現! 爆裂タイトル最新作は超激アツ!!
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. パチスロ「有利区間ナシで万枚」続出のモンスターマシン登場! 納得の完成度に「打ち込みたい」の声もー初打ち実戦速報―
  8. パチスロ台を自宅に置いたら、とんでもない事態に?近隣トラブルにもなりかねない「家スロ」の注意点
  9. パチスロ新台「初当り確率が終日アップ!?」業界初の出玉ブースト機能を搭載! 5号機最後の爆裂マシン、そのシリーズ最新作がまもなく登場!
  10. パチスロ新台「BIG偏向型」でノーマルタイプ屈指の出玉感を実現! 設定丸わかりの画期的機能を搭載したシリーズ最新作がまもなくデビュー!新台分析―パチスロ編―
  11. パチスロ「万枚突破」報告もある超高速6号機… そのスリリングなマシンに関する激アツ情報!