NEW

パチスロ「1時間で約5000枚」ゲット!? 「4号機」を彷彿させる「恐るべき威力」を体感!!

【この記事のキーワード】

, , ,

パチスロ「1時間で約5000枚」ゲット!? 「4号機」を彷彿させる「恐るべき威力」を体感!!の画像1

 大松のパチスロ「ハイエナ」実戦。最近、何かと世間を賑わせている『南国育ち-30』だが、本機の恐るべき威力を体験したのでご報告したい。

 その日は正午頃から『パチスロひぐらしのなく頃に祭2』と向かい合っていた。同機種は設定1であってもフル攻略なら約103%の出玉率を誇る激アマ機種だ。

 そのアマさ故に気楽に挑んでしまったことは、後に後悔することとなる。何故なら非常に苦しい展開を味わうことになるからだ。

 同機種はボーナス合算が約1/ 197であるが、出玉のメインである「ひぐらしボーナス」は1/ 496と重め。定期的に純増約1枚のARTに突入するものの、ボーナスが引けなければ「ジリ貧」の展開となりやすい。

 言わずもがな、この実戦では非常に「ジリ貧」。なんと3030Gを回した時点で「ひぐらしボーナス」が1回という状況で、「オヤシロボーナス」と合わせてもBBが1/ 1000を下回っていた。

パチスロ「1時間で約5000枚」ゲット!? 「4号機」を彷彿させる「恐るべき威力」を体感!!の画像2

 本機のアマさを信じ、その後も粘るが大きな巻き返しは出来ず、21時時点でマイナス1058枚という状態。閉店まで続けてもプラス収支に転ずる可能性は低いだろう。

 困り果ててホールを周ると、先日導入された『南国育ち-30』が目に入った。閉店時間も近いためか、6台中5台が空き台である。

 データを見てみると、その内2台で「準備モード狙い」ができそうだ。早速1台目に腰を下ろすことにした。

 打ち始めると投資94枚でパトランプが点灯。予想以上の早い当りに喜んでいると、なかなかリールが始動しない。どうやらフリーズが発生している模様。

 本機は最高継続率である「96%ループ」に当選するとフリーズが発生する可能性があり、当選すれば当然ながら完走の期待度大である。

 突然の展開に内心動揺していたが、瞬く間に連チャンを重ね、無事に完走へ辿り着くことができた。

 そしてATが終了。ふと残り1台に目を向けると、誰も座っていない。時刻は21時30分を過ぎているが、もう1度チャレンジできる余裕はあるだろう。

 そう考え、台移動しレバーを叩くと、今度は投資46枚でパトランプが点灯。またもやリールが動かない。なんと2連続でフリーズを引いてしまった。

 結果はまたもや完走。『南国育ち-30』のみで計算すれば、「投資94枚」で「回収4776枚」である。これは時間にして「約65分」の出来事だ。

 滅多に遭遇する出来事ではないかもしれないが、『南国育ち-30』のポテンシャルは「4号機の爆裂AT」に匹敵すると言わざるを得ない。

(文=大松)

【注目記事】

パチスロ新台「激アツ技術介入」シリーズを発表! 強烈スペック『北斗の拳』『獣王』も始動…大手サミーが話題独占!!

パチスロ「稼げるマシン」を完全攻略へ! 攻略誌大手が「勝利の指南書」を発売!!

パチスロ名機『パルサーXX』を実戦!感動の再会で「リーチ目」も堪能しまくり!!

パチスロ「1時間で約5000枚」ゲット!? 「4号機」を彷彿させる「恐るべき威力」を体感!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!