NEW

JRA レイパパレ調教師は否定「幻の秋華賞馬説」は何故生まれたのか? 大阪杯で「本物」を実証した新女王と、三冠女王デアリングタクト「初対決」は……

【この記事のキーワード】

, ,

JRA レイパパレ調教師は否定「幻の秋華賞馬説」は何故生まれたのか? 大阪杯で「本物」を実証した新女王と、三冠女王デアリングタクト「初対決」は……の画像1

 やはり「幻の秋華賞馬」は“本物”だった。

 4日、阪神競馬場で行われた大阪杯(G1)は、4番人気のレイパパレ(牝4歳、栗東・高野友和厩舎)が4馬身差で圧勝。デビューからの連勝を6に伸ばし、無敗のG1馬に輝いた。

「この後、この馬が背負っていくものは極端に大きくなりました」

 主戦の川田将雅騎手が「馬場的にも、周りの馬的にも、今日はスムーズにハナまで行ってしまおう」と腹を括った作戦が見事にハマっての勝利だが、G1・4勝馬のコントレイルとグランアレグリアを相手に4馬身以上の差をつけたレースぶりは、まさに圧巻。

 今回の勝利で、この新女王も9冠馬アーモンドアイの後継者となる「現役最強」を争う1頭に名を連ねたことは間違いないだろう。

JRA レイパパレ調教師は否定「幻の秋華賞馬説」は何故生まれたのか? 大阪杯で「本物」を実証した新女王と、三冠女王デアリングタクト「初対決」は……の画像2

 一方、コントレイル、グランアレグリア、そして新女王レイパパレ――。この3頭に割って入る存在といえば、やはり牝馬三冠馬デアリングタクトに他ならないだろう。

 思えば、レイパパレが全国の競馬ファンに名を馳せたのは昨年10月18日。デアリングタクトが秋華賞(G1)を制し、史上初の無敗による牝馬三冠を達成した約40分前のことだった。

 秋華賞に登録したものの4/6の抽選に漏れ、大原S(3勝クラス)に出走したレイパパレは押し出されるようにハナに立つと、ほぼ馬なりのまま後続をちぎって圧勝した。

 川田騎手が3勝クラスの古馬を相手に、ムチを一切使わなかった内容も然ることながら、走破時計の1:46.3はデアリングタクトが勝った秋華賞の1800m通過1:48.5より2.2秒も速い。同日同競馬場での比較の上、自ら逃げて刻んだタイムだけに、レイパパレの強さがより際立った。

 その結果、この日はデアリングタクトと共にレイパパレもTwitterのトレンド入り。ネット上の競馬ファンから「幻の秋華賞馬」との賛辞が飛んだ。

JRA レイパパレ調教師は否定「幻の秋華賞馬説」は何故生まれたのか? 大阪杯で「本物」を実証した新女王と、三冠女王デアリングタクト「初対決」は……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!