NEW

大阪杯(G1)10万馬券ゲットの「ウマ娘声優」が話題騒然!? あの名馬への愛がレイパパレと繋がった驚きの理由

大阪杯(G1)10万馬券ゲットの「ウマ娘声優」が話題騒然!? あの名馬への愛がレイパパレと繋がった驚きの理由の画像1

 4日、阪神競馬場で開催された大阪杯(G1)は、川田将雅騎手の4番人気レイパパレ(牝4、栗東・高野友和厩舎)が勝利。2着に6番人気モズベッロが入り、単勝1.8倍の圧倒的1番人気に推されたコントレイルは3着に敗れた。

 4番人気→6番人気→1番人気で決着した3連単の払戻しは10万6210円という10万馬券。下馬評ではコントレイル、グランアレグリア、サリオスが単勝オッズ一桁台と三強ムードが濃厚だった。

 3番人気までの3頭を選んだ3連複の組み合わせが3.2倍と人気が集中したことからも、ファンの大多数が3頭を中心にして馬券を購入していたことがわかる。

 しかし、日曜の関西地方は雨の予報も出ていたように、昼過ぎから雨が降り始める。雨足は徐々に強くなり、午前中は良で開催された芝コースもメインレースの大阪杯が行われる夕方には雨でぬかるんだ馬場へと悪化していた。

 比較的紛れが少ないとされる良馬場ではなく、巧拙を問われる重馬場での開催となったことで波乱の前兆はすでにあったのかもしれない。

 そんな大波乱を見事に仕留めたのが声優のLynnさん(@Lynn_0601_)だ。

 なんとモズベッロ、コントレイル、レイパパレの3頭の3連単ボックス(1000円×6点)を購入し、見事に的中したのである。10万馬券を1000円的中したことにより、6000円の馬券が100万円を超える払戻しとなった。

大阪杯(G1)10万馬券ゲットの「ウマ娘声優」が話題騒然!? あの名馬への愛がレイパパレと繋がった驚きの理由の画像2
公式HPより

 現在、競馬ゲームファンの話題を独占しているスマートフォン・PC向けのゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)にも出演しているLynnさんは馬券上手としても知られる存在。

 昨年の凱旋門賞(G1)でも約100万円の払い戻しゲットしており、ここまで来るともはやプロも顔負けの腕前といっても過言ではないだろう。

「わずか3頭で特大馬券を仕留めた博才も見事ですが、グランアレグリアやサリオスではなくモズベッロを狙い打っているところが素晴らしいです。

本命はコントレイルだったようですが、同馬の1着固定に拘らずにボックスにしているところもセンスがありますよね。羨ましい限りですよ」(競馬誌ライター)

 また、大阪杯で大金星を挙げたレイパパレの血統を遡ると、Lynnさんがウマ娘で担当しているマルゼンスキーの名前があったというのも驚きである。

 これにはLynnさんもTwitterで「レイパパレの血統を遡っていたらマルゼンスキーがいたんです。やっぱり競馬ってすごい…!」と、ゲームと現実の重なった偶然に感動していたようだった。

 来週から春のクラシックが始まる中央競馬だが、TVや新聞だけでなくLynnさんのつぶやきも見逃せない情報となりそうだ。

大阪杯(G1)10万馬券ゲットの「ウマ娘声優」が話題騒然!? あの名馬への愛がレイパパレと繋がった驚きの理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由