NEW

JRA松山弘平サリオス「有言実行」も川田将雅と明暗ハッキリ!? 大阪杯(G1)「着外ラッシュ」でリーディング沈没の危機

【この記事のキーワード】

, ,

JRA松山弘平サリオス「有言実行」も川田将雅と明暗ハッキリ!? 大阪杯(G1)「着外ラッシュ」でリーディング沈没の危機 の画像1

 4日、阪神競馬場で行われた大阪杯(G1)は、4番人気のレイパパレが優勝。鞍上の川田将雅騎手は先週の高松宮記念(G1)をダノンスマッシュで勝利しており、2週連続のG1制覇と絶好調だ。

 大阪杯当日の阪神競馬場は、昼過ぎからの雨で重馬場。レースでは逃げたレイパパレが最後の直線で外に持ち出すと、最後は後続を突き放し4馬身差で圧勝している。

 キャロットファームの秋田博章代表も「道悪でペースも速かったが、直線で外(馬場のいいところ)を走らせたのはジョッキーの絶妙な判断だったね」と鞍上の好騎乗を絶賛。川田騎手の判断が光ったレースでもあった。

 この日、3勝を挙げた川田騎手は今年37勝。リーディングでも福永祐一騎手を追い抜き、3位へと浮上している。

JRA松山弘平サリオス「有言実行」も川田将雅と明暗ハッキリ!? 大阪杯(G1)「着外ラッシュ」でリーディング沈没の危機 の画像2

 一方この日、1勝もできないどころか一度も馬券に絡めなかったのが、現在リーディング2位の松山弘平騎手だ。この日は8鞍に騎乗するも4着が最高と冴えない結果に終わった。

 松山騎手は先月27日の日経賞(G2)でカレンブーケドールに騎乗し、斜行したことが原因となり4月10日から18日まで騎乗停止。川田騎手とは、6勝差まで迫られているだけに、今週、来週で入れ替わる可能性も十分にある。

 大阪杯でも、3番人気のサリオスに騎乗し、レース前には「内枠をうまく生かして、1着を狙いたいと思っています」と意気込んでいたが5着と敗れてしまった。

「同条件の9R明石特別では、逃げたニホンピロスクーロが馬場の最内を通って8馬身差の圧勝。大阪杯のサリオスは3番人気と上位2頭には劣るという評価をされていた馬ですから、松山騎手も一発を狙ってのイン突きだったのではないでしょうか。

ただ、降り続く雨で馬場の内も相当悪くなっていたと思われます。結果論ですが、馬場を読み違えた部分もあるのかもしれませんね」(競馬記者)

 最後の直線では、外に持ち出した川田騎手とは対照的に、松山騎手はインを強襲。レース後「思ったレースはできましたが、馬場が悪くなっていて苦しくなりました」と語ったように、想像以上にぬかるんだ馬場は誤算だったのかもしれない。

 外を選んだ川田騎手と内を選んだ松山騎手はコース取りでもハッキリと明暗が分かれた。とはいえ、松山騎手が騎乗したサリオスの目標は安田記念(G1)であり、元JRAジョッキーの安藤勝己氏も「サリオスはお腹周りに余裕があった。距離はともかく本格化は先って印象を受けたし、今日の状態だと良馬場でも厳しかったかも」との見解を示した。

 大阪杯で4着に敗れたグランアレグリアとは、安田記念で再戦の可能性も考えられる。松山騎手が再びサリオスの手綱を握ることになるのなら、今度は良馬場での巻き返しに期待したいところだ。

JRA松山弘平サリオス「有言実行」も川田将雅と明暗ハッキリ!? 大阪杯(G1)「着外ラッシュ」でリーディング沈没の危機のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!