NEW

JRA 5週連続「1000万超え」のWIN5は、もはや悪夢!? 大阪杯(G1)でもコントレイルが不覚…… お宝配当続出もファンの悲鳴が止まらない理由

【この記事のキーワード】

, ,

JRA 5週連続「1000万超え」のWIN5は、もはや悪夢!? 大阪杯(G1)でもコントレイルが不覚…… お宝配当続出もファンの悲鳴が止まらない理由の画像1

 先週の大阪杯(G1)にはコントレイル、グランアレグリア、サリオスが出走して三強対決。現役トップクラスの強豪同士の激突を楽しみにしていた競馬ファンも多かったに違いない。

 ところがいざ終わってみれば、4番人気のレイパパレが2着モズベッロに4馬身の差をつける圧勝。デビューからの連勝を6に伸ばして無敗のG1馬へと上り詰めた。

 単勝オッズ1.8倍の圧倒的1番人気に支持されたコントレイルが3着に入ったとはいえ、3連単の配当は10万6210円の大波乱。馬連でも1万9080円の万馬券となった。

 この日のWIN5対象レースの最終関門でもあった大阪杯の波乱は、WIN5でも思わぬ高配当を生み出す結果にも繋がった。

 ここまでの対象4レースで1番人気が全敗していたWIN5。

 1レース目の阪神9R・明石特別(2勝クラス)は単勝2.0倍の1番人気サンテローズが6着に敗れ、2レース目の中山10R・両国特別(2勝クラス)は単勝1.6倍のアオイクレアトールが3着に敗れた。3レース目の阪神10R・淀屋橋S(3勝クラス)も1番人気サウンドカナロアが2着に惜敗し、4レース目の中山11R美浦S(3勝クラス)では単勝2.7倍の1番人気アンティシペイトが4着に敗れた。

 人気の集中していた1番人気が連敗した上に、中山10Rでは10番人気のシャチが大穴を開けたこともあり、この日発売された885万2392票から残り票数はすでに155。5レース目の大阪杯前にはホンの一握りの生存票しかなかった。

 大方の下馬評通り、最後の大阪杯を3頭のいずれかで購入したファンも当然多かっただろう。だが、4番人気レイパパレが勝利したことで最後まで生き残ったのは11票。払戻は5633万3400円の高額配当になった。

 勿論、この夢馬券を的中させた猛者は見事であるが、勝者の裏に多くの敗者がいることは悲しい現実だ。

 以下は、ここ最近のWIN5の配当一覧である。

日付、第5レース名、的中票数、配当
2.21、フェブラリーS(G1)、15票、3926万3590円
2.28、中山記念(G2)、1,475票、42万7570円
3. 7、弥生賞(G2)、13票、4711万6100円
3.14、アネモネS(L)、1票、5億5444万6060円
3.21、スプリングS(G2)、38票、1561万5390円
3.28、高松宮記念(G1)、9票、6422万3700円
4. 4、大阪杯(G1)、11票、5633万3400円

 2月28日こそ42万と比較的平穏に収まったものの、7回中6回が1000万超えの波乱が続いている。

 しかも、その1000万円台ですら一度きりで、残る5回は3926万円、4711万円、5633万円、6422万円とWIN5史上最高配当となった5億5444万円なのだから、いかにここ最近のWIN5が難しかったのかが分かる結果である。

 幸運にどれか一つでも的中出来たなら笑いが止まらないかもしれないが、さすがにここまで荒れると大半のファンにとっては夢というより、もはや悪夢といえるような週末となったのではないか。

 この結果と無関係とはいえなさそうのが、狙いすましたかのように週末を襲っている雨模様の天気。ぬかるんだ馬場に本来の能力を発揮できないまま敗れた馬は多数いる。

 幸いにも今週末の阪神、中山、新潟は晴れの予報が出ているだけに、そろそろ平穏な決着に期待したいところだ。

JRA 5週連続「1000万超え」のWIN5は、もはや悪夢!? 大阪杯(G1)でもコントレイルが不覚…… お宝配当続出もファンの悲鳴が止まらない理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!