NEW

JRA 皐月賞(G1)M.デムーロ「危機一髪」でグラティアス確保!? 昨年に続く強運で「乗っ取り」回避も思い出される苦い過去

 6日、オーソクレース(牡3歳、美浦・久保田貴士厩舎)が皐月賞(G1)を回避すると、同馬を所有するキャロットクラブがホームページで発表。先週の追い切り後、しばらくしてから右トモを気にする素振りを見せていたとのことで、出走を見送り近日中にノーザンファーム天栄へ放牧に出されることがわかった。

 ホープフルS(G1)で2着だったオーソクレースの騎乗を予定していたのは、リーディングトップのC.ルメール騎手。これまでグラティアスの主戦を務めていたジョッキーでもある。

「オーソクレース、グラティアスはともにルメール騎手のお手馬ですが、皐月賞でオーソクレースを選んだため、グラティアスは松山騎手への乗り替わりが決まったと思われます。

ただ、その松山騎手が騎乗停止になったことで、デムーロ騎手に騎乗依頼が回ってきました。ルメール騎手の継続騎乗が可能であれば、グラティアスへの乗り替わりもあるかと思いましたが、結果的にルメール騎手はアドマイヤハダルへの騎乗が決まったみたいですね。デムーロ騎手としても戦々恐々だったのではないでしょうか」(競馬記者)

 今回のオーソクレースによる乗り替わりを回避したデムーロ騎手は、もしかすると強運の持ち主なのかもしれない。

 これまでにも、度々起こっている鞍上問題であるが、似たようなケースとしては昨年のスプリンターズS(G1)が思い出される。

 このレースでは、福永祐一騎手がインディチャンプに騎乗予定だった。その他のお手馬、ミスターメロディ、レッドアンシェルは別の騎手へと乗り替わることが予定されていた。

 これにより前年の高松宮記念(G1)覇者ミスターメロディとのコンビで、参戦が目されていた北村友一騎手。実際に、同年春の安田記念(G1)でも福永騎手がインディチャンプに騎乗したため北村友騎手が乗り替わり、続くセントウルS(G2)でもコンビが継続されていた。

 しかし、インディチャンプに右後肢の大腿二頭筋に炎症を発症するアクシデントが発生し、同レースの回避が決定したのだ。

 本来なら福永騎手がレッドアンシェルという流れもあるのだが、インディチャンプ回避決定の数日前にM.デムーロ騎手との新コンビが決まったばかり。近2走でミスターメロディに跨がっていた北村友騎手が降板となり、福永騎手に土壇場でミスターメロディが回ってきた。

JRA 皐月賞(G1)M.デムーロ「危機一髪」でグラティアス確保!? 昨年に続く強運で「乗っ取り」回避も思い出される苦い過去のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  3. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  4. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  5. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  6. JRAタイトルホルダー、オーソクレース撃破も「鞍上問題」が強敵!? AJCC(G2)重賞未勝利の元主戦に師匠からの「恩情」再登板あるか
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  9. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  10. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗