NEW

JRA 皐月賞(G1)M.デムーロ「危機一髪」でグラティアス確保!? 昨年に続く強運で「乗っ取り」回避も思い出される苦い過去

 6日、オーソクレース(牡3歳、美浦・久保田貴士厩舎)が皐月賞(G1)を回避すると、同馬を所有するキャロットクラブがホームページで発表。先週の追い切り後、しばらくしてから右トモを気にする素振りを見せていたとのことで、出走を見送り近日中にノーザンファーム天栄へ放牧に出されることがわかった。

 ホープフルS(G1)で2着だったオーソクレースの騎乗を予定していたのは、リーディングトップのC.ルメール騎手。これまでグラティアスの主戦を務めていたジョッキーでもある。

「オーソクレース、グラティアスはともにルメール騎手のお手馬ですが、皐月賞でオーソクレースを選んだため、グラティアスは松山騎手への乗り替わりが決まったと思われます。

ただ、その松山騎手が騎乗停止になったことで、デムーロ騎手に騎乗依頼が回ってきました。ルメール騎手の継続騎乗が可能であれば、グラティアスへの乗り替わりもあるかと思いましたが、結果的にルメール騎手はアドマイヤハダルへの騎乗が決まったみたいですね。デムーロ騎手としても戦々恐々だったのではないでしょうか」(競馬記者)

 今回のオーソクレースによる乗り替わりを回避したデムーロ騎手は、もしかすると強運の持ち主なのかもしれない。

 これまでにも、度々起こっている鞍上問題であるが、似たようなケースとしては昨年のスプリンターズS(G1)が思い出される。

 このレースでは、福永祐一騎手がインディチャンプに騎乗予定だった。その他のお手馬、ミスターメロディ、レッドアンシェルは別の騎手へと乗り替わることが予定されていた。

 これにより前年の高松宮記念(G1)覇者ミスターメロディとのコンビで、参戦が目されていた北村友一騎手。実際に、同年春の安田記念(G1)でも福永騎手がインディチャンプに騎乗したため北村友騎手が乗り替わり、続くセントウルS(G2)でもコンビが継続されていた。

 しかし、インディチャンプに右後肢の大腿二頭筋に炎症を発症するアクシデントが発生し、同レースの回避が決定したのだ。

 本来なら福永騎手がレッドアンシェルという流れもあるのだが、インディチャンプ回避決定の数日前にM.デムーロ騎手との新コンビが決まったばかり。近2走でミスターメロディに跨がっていた北村友騎手が降板となり、福永騎手に土壇場でミスターメロディが回ってきた。

JRA 皐月賞(G1)M.デムーロ「危機一髪」でグラティアス確保!? 昨年に続く強運で「乗っ取り」回避も思い出される苦い過去のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!