NEW

JRA C.ルメール「鞍上問題」の意外な結末!? 「強奪」被害に遭ったのはまさかの相手、ノーザンファームの戦略も見え隠れ

JRA C.ルメール「鞍上問題」の意外な結末!? 「強奪」被害に遭ったのはまさかの相手、ノーザンファームの戦略も見え隠れの画像1

 昨年のホープフルS(G1)で2着のオーソクレース(牡3、美浦・久保田貴士厩舎)が、皐月賞(G1)を回避することが6日、所属するキャロットクラブのホームページで発表された。

 同馬を管理する久保田厩舎によると先週の追い切り後、状態に不安が見られたため、回避を決定。近日中にノーザンファーム天栄に放牧に出され、立て直すこととなったようだ。

 これにより、風雲急を告げたのがライバル陣営の鞍上問題だ。

 今年の牡馬クラシック戦線はトップクラスのジョッキーが複数の有力馬をお手馬としており、鞍上問題が多発していた。

JRA C.ルメール「鞍上問題」の意外な結末!? 「強奪」被害に遭ったのはまさかの相手、ノーザンファームの戦略も見え隠れの画像2

 C.ルメール騎手はオーソクレース、グラティアス、武豊騎手はヨーホーレイク、ディープモンスター。これ以外にも川田将雅騎手のダノンザキッドとボーデン、北村友一騎手のラーゴム、シュヴァリエローズなどが本番でのパートナー選択を迫られた。

 18日の開催が近づくにつれ、徐々に新コンビが発表されたこともあり、各馬の鞍上問題もひとまずは落ち着きを見せつつあった。

 だが、オーソクレースの回避でリーディングジョッキーが空くとなると話は変わって来る。皐月賞開催まではまだ日程にも余裕があるため、「鞍上強化」を目論む陣営が出ても不思議ではないからである。

 「元サヤ濃厚」と考えられていたのは京成杯(G3)でコンビを組んだグラティアス。松山弘平騎手との新コンビが発表されていたものの、同騎手が騎乗停止によって皐月賞での騎乗が困難になり、新たにM.デムーロ騎手が手綱を執ることが発表されていた。

 デムーロ騎手が「代打の代打」だったことを加味すれば、グラティアスとのコンビ復活が最も自然な流れだったかもしれない。

 しかし、ルメール騎手のパートナーとして選ばれたのは、岩田康誠騎手とのコンビが決まっていたアドマイヤハダル。同馬はデビューからの3戦で福永祐一騎手が騎乗し、前走の若葉S(L)は初騎乗の松山騎手の手綱で3馬身差の快勝していた素質馬だった。

JRA C.ルメール「鞍上問題」の意外な結末!? 「強奪」被害に遭ったのはまさかの相手、ノーザンファームの戦略も見え隠れのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!