NEW

JRA C.ルメール「3月不調」は二桁地獄!? ニュージーランドT(G2)連勝中アヴェラーレにも襲い来る木村哲也厩舎「4年前」の悪夢

JRA C.ルメール「3月不調」は二桁地獄!? ニュージーランドT(G2)連勝中アヴェラーレにも襲い来る木村哲也厩舎「4年前」の悪夢の画像1

 不調ルメールの復活は……。

 10日、中山競馬場で行われるニュージーランドT(G2)に、アヴェラーレ(牝3歳、美浦・木村哲也厩舎)が出走を予定している。

 現在リーディングトップを走るC.ルメール騎手とのコンビで、デビューから2連勝。父ドゥラメンテに母アルビアーノという良血馬だ。

 デビュー戦では少し出遅れながらも中団を追走し、最後の直線では周りを囲まれる不利がありながらも圧巻の末脚で快勝。2戦目の春菜賞(1勝クラス)は単勝1.9倍の1番人気に評価され、昇級初戦ではスタートも決まり、余裕たっぷりに抜け出した。

 母のアルビアーノは、デビュー戦、500万下(現・1勝クラス)を快勝。続くフラワーC(G3)も制し、3戦3勝で重賞初制覇を飾った素質馬だった。

 その後は、NHKマイルC(G1)2着、ルメール騎手が騎乗した高松宮記念(G1)も3着とG1で活躍。連勝中のアヴェラーレに、陣営も母の姿と重ねていることだろう。

 鞍上のルメール騎手も今年1月は22勝とロケットスタートを見せ、フェアリーS(G3)のファインルージュ、京成杯(G3)のグラティアス、AJCC(G2)のアリストテレスと1カ月で重賞3勝の大爆発。2月には16勝を挙げ、今年最初のG1フェブラリーS(G1)で勝利している。

 しかし、その後は成績も少しずつペースダウン。先月は14勝と勝ち星をさらに落とすと、重賞勝利もできていないという状況だ。

 3月に入ってからの重賞騎乗10鞍の内、中山牝馬S(G3)のアルーシャが4番人気、金鯱賞(G2)のサトノフラッグは5番人気であったが、その他の8鞍は全て2番人気以上。多くの人気馬を任されながらも、二桁着順が4回と期待を裏切っている。

 この中には、単勝1倍台の馬も3頭おり、阪神大賞典(G2)のアリストテレスは1.3倍で7着。毎日杯(G3)のグレートマジシャンでは1.9倍も2着と健闘したが、マーチS(G3)でも1.4倍のアメリカンシード14着と惨敗を喫している。

 先週の大阪杯(G1)でも2強と謳われたグランアレグリアが4着。馬券圏内を外す凡走を見せており、いかに精彩を欠いているかがわかるだろう。

 また、木村哲也厩舎にとっては、ニュージーランドTにも苦い思い出がある。

 アヴェラーレと同じくデビューから2連勝を飾ったランガディアは、今回と同様にニュージーランドTに出走。無敗馬ということもあり、3番人気に推されていた。

 しかし、レースではスタート後に挟まれると、内目の後方を追走。終始手応えにも余裕がなく13着と敗れている。

 その走りからも大きな期待を集める木村厩舎のアヴェラーレ。その好走はルメール騎手の復活にかかっているのかもしれない。

JRA C.ルメール「3月不調」は二桁地獄!? ニュージーランドT(G2)連勝中アヴェラーレにも襲い来る木村哲也厩舎「4年前」の悪夢のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!