NEW

JRA 桜花賞(G1)ソダシ眠る「流血騒動」の血……「マルゼンスキー」主戦騎手らが衝撃告白、須貝尚介調教師や吉田隼人騎手が語った「無敗女王の弱点」とは

【この記事のキーワード】

, ,

JRA 桜花賞(G1)ソダシ眠る「流血騒動」の血……「マルゼンスキー」主戦騎手らが衝撃告白、須貝尚介調教師や吉田隼人騎手が語った「無敗女王の弱点」とはの画像1
アカイトリノムスメなどが急浮上し、群雄割拠の桜花賞

 先週の大阪杯(G1)は、昨年の三冠馬コントレイル、最優秀短距離馬グランアレグリアの現役最強の座を懸けた一騎打ちが大きな注目を集めたが、待っていたのは6戦無敗の新女王レイパパレによる圧勝だった。

 降りしきる雨の影響もあって、伸びあぐねた有力馬たちを尻目に4馬身差の圧勝劇。2着に伏兵のモズベッロが滑り込んだことで三連単は想定外の10万馬券となった。

 また、レース後には大ヒットスマホゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)の声優が100万円を超える払い戻しをゲットしたことが大きな話題になった。レイパパレの血統表に、自身が担当するマルゼンスキーの名があったことが的中のきっかけになったそうだ。

 今週も「マルゼンスキー」が、ちょっとした注目を集めるかもしれない。8戦8勝で引退した伝説の名馬マルゼンスキーの主戦を務めた中野渡清一元騎手が所属する『シンクタンク』が【桜花賞の厳選5頭】の無料公開を行うからだ。

 これまで過去に数々の伝説的な的中を繰り広げてきた『シンクタンク』は、国民的アイドルホース・ハイセイコーの主戦・増沢末夫氏が最高顧問を務める競馬予想会社の老舗だ。熱心な競馬ファンなら、その名を一度は聞いたことがあるかもしれない。

 それもそのはず、『シンクタンク』にはハイセイコーの主戦・増沢氏やマルゼンスキーの主戦・中野渡氏だけでなく、皐月賞と菊花賞を制した悲劇の名馬サクラスターオーを手掛けた平井雄二元調教師や、武豊騎手よりも早くJRA全10場重賞制覇の偉業を達成した安田富男元騎手など「レジェンド級のホースマン」が数多くの在籍。競馬界の歴史を彩った大物たちが結集した、まさにドリームチームだからだ。

 そんな『シンクタンク』は、【桜花賞の厳選5頭】の無料公開を行う今週末の桜花賞(G1)に至るまでの牝馬3歳路線で、早くも的中の嵐を巻き起こしているという。

 関係者に「どんなレースを的中させたのか」と問うと「数え切れない」というので、重賞など代表的な的中だけを挙げてもらった。

JRA 桜花賞(G1)ソダシ眠る「流血騒動」の血……「マルゼンスキー」主戦騎手らが衝撃告白、須貝尚介調教師や吉田隼人騎手が語った「無敗女王の弱点」とはの画像2
素人なら大勝利だが、プロならこれが平常運転?

「我々は確信を得たレースは必ず獲りに行くため、すべて挙げると大変な量になりますので代表的なものだけでご了承ください。

今年の3歳牝馬についてですが、2歳の牝馬限定戦ではファンタジーS(G3)、アルテミスS(G3)、阪神ジュベナイルF(G1)を的中させることができました。

また、今年行われた最近の3歳牝馬限定の重賞ではクイーンC(G3)、チューリップ賞(G2)、フィリーズレビュー(G2)で的中。桜花賞トライアルのアネモネS(L)も的中しており、いい手応えを感じています。【桜花賞の厳選5頭】の無料公開を実施する桜花賞は、昨年も万馬券を的中していますので期待してくださって結構です」(シンクタンク関係者)

JRA 桜花賞(G1)ソダシ眠る「流血騒動」の血……「マルゼンスキー」主戦騎手らが衝撃告白、須貝尚介調教師や吉田隼人騎手が語った「無敗女王の弱点」とはの画像3
「確信を得たレースは必ず獲りに行く」獲れる時にガッツリ獲るのがプロだ

 今回は重賞など主要なレースだけの的中を挙げてもらったが、2歳の牝馬限定重賞でパーフェクトを記録するなど恐るべき的中精度である。

 これらでわかることは『シンクタンク』が「桜花賞出走馬の力関係を、極めて高い精度で把握している」という事実だ。

 何故なら、今年の桜花賞の出走が見込まれるソダシ、サトノレイナス、アカイトリノムスメ、メイケイエール、エリザベスタワー、アールドヴィーヴル、シゲルピンクルビー、ヨカヨカといった有力馬は、すべて『シンクタンク』が過去に的中させたレースに出走しているからだ。

 我々一般の競馬ファンが、たまに馬券を的中させるのは結局のところ“運が良かっただけ”だ。だが「的中」を至上命題とし、極めて高い精度が問われるプロには「限りなく完璧に近い力関係の把握」が必須となる。

 すなわち、すでにこの世代の牝馬重賞をことごとく的中させている『シンクタンク』にとっては、すでに今年の桜花賞は掌の上と言っても決して過言ではないのかもしれない。

 そうなると、いよいよ【桜花賞の厳選5頭】の無料公開が非常に気になるところだが、残念ながら「会員登録を行った方だけ」にしか教えてもらえないという。

 ならば、せめて1番人気が予想される「無敗の2歳女王ソダシについての見解」だけでも教えてもらえないか、お願いしてみた。

「最終的な結論まではお話しできませんが、我々はソダシを必ずしも『絶対的な存在ではない』と見ています。

というのもソダシはゲート難で流血したり、度重なる放馬で話題を集めた母ブチコの娘。当然、気性面に大きな課題があり、(本馬を手掛ける)須貝調教師も『母のブチコは現役時代にゲートに突進して流血するアクシデントを起こしているけど、この馬も機嫌を損なうと危ういところを抱えている』と話しています。

デビュー当初はなんとか上手く抑えていましたが、昨年の阪神JFではゲート入りを嫌うなど危うい面が顔を覗かせていました。その気性の荒さが今年になって加速している印象で、担当厩務員はゴールドシップを手掛けた腕利きですが『(ゴールドシップに)似てきた』と指摘していましたよ。

JRA 桜花賞(G1)ソダシ眠る「流血騒動」の血……「マルゼンスキー」主戦騎手らが衝撃告白、須貝尚介調教師や吉田隼人騎手が語った「無敗女王の弱点」とはの画像4
大本命ソダシに眠る「狂気の血」が目覚めてしまうかも……

また、ソダシは父クロフネ・母ブチコともにダートの実績馬。近親にもダート馬が多く名を連ね、絶対的なスピード勝負には不安があります。戦績を振り返っても、時計の掛かる洋芝の函館でデビューしていますし、2走目も洋芝の札幌2歳S(G3)です。

高速馬場だった阪神JFを勝つには勝ちましたが、吉田隼人騎手がほぼ完璧に乗った結果。2着サトノレイナスとはハナ差、3着ユーバーレーベンともハナ+クビ差と紙一重の優勝でした。

デビュー戦は上がり3ハロン最速だったソダシですが、阪神JFの上がり3ハロンはメンバー7位。実は戦前には吉田隼騎手から『(中山2000mの)ホープフルS(G1)を使ってくれたら面白い』という話も出ていたほど。絶対能力は一枚上ながら、スピード勝負に向いていないことは明らかです。

その点、現在の阪神芝コースは先週末こそ雨が降りましたが、先々週の毎日杯(G3)ではシャフリヤールが日本レコードタイ記録で勝利。この時期の3歳馬が古馬も含めたレコードタイを記録できるほど、今の阪神は超が付くほどの高速馬場が想定されます」(シンクタンク関係者)

 ここまで4戦4勝と、同世代では絶対的な存在に思われるソダシ。先週の大阪杯のレイパパレに続く無敗のG1制覇が期待されるが、須貝調教師や吉田隼騎手ら陣営からの“裏情報”では、無敗の2歳女王が抱える不安点が浮き彫りに……。

 無論、これらも『シンクタンク』が把握している情報網の氷山の一角に過ぎないのだろうが、少なくとも「今年の桜花賞に波乱の要素がある」ことだけは事実のようだ。

 コントレイルとグランアレグリアの激突で「この春、最も堅いG1」とまで言われていた大阪杯が、終わってみれば10万馬券の大波乱。今週末の桜花賞も的中にたどり着くことは、極めて難しいと述べざるを得ない。

 しかし逆に言えば、そんな難解を極めるレースだからこそ「プロの情報」を有効活用すべきだ。何よりも的中した時には「絶好の配当」が期待できる、またとないチャンスではないだろうか。簡単な手続きだけで「完全無料」でゲットできる【桜花賞の厳選5頭】で、最強のプロ集団の結論を堪能しよう。

CLICK→【毎週の重賞も無料公開!桜花賞(G1)「厳選5頭」】シンクタンク
※本稿はPR記事です

JRA 桜花賞(G1)ソダシ眠る「流血騒動」の血……「マルゼンスキー」主戦騎手らが衝撃告白、須貝尚介調教師や吉田隼人騎手が語った「無敗女王の弱点」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!