NEW

JRA 武豊「最下位になっても文句は言えない」と危惧!? 桜花賞(G1)メイケイエール陣営が横山典弘「全権委任」に太鼓判、ノームコアの苦い記憶を払拭できるか

【この記事のキーワード】

, ,

JRA 武豊「最下位になっても文句は言えない」と危惧!? 桜花賞(G1)メイケイエール陣営が横山典弘「全権委任」に太鼓判、ノームコアの苦い記憶を払拭できるかの画像1

 11日、阪神競馬場では春クラシックの開幕戦となる桜花賞(G1)が開催される。

 昨年の阪神JF(G1)を制した2歳女王ソダシ、ハナ差の2着サトノレイナスは直行での参戦。それ以外にもトライアルを制した新勢力との激突も興味深い。人気を二分する2頭が休み明けということもあり、ライバル陣営にも付け入る隙はありそうだ。

 なかでも“色んな意味“で注目を集めることになりそうなのが、横山典弘騎手との新コンビで挑むメイケイエール(牝3、栗東・武英智厩舎)だろう。

「最下位になっても文句は言えないと思っていました」

 手綱を執った武豊騎手も自身の公式サイトでそう振り返ったほど、2度目のマイル戦となった前走のチューリップ賞(G2)は薄氷の勝利だったといえる。

 メイケイエールはスタートから終始掛かり通し。武豊騎手も根負けするような格好でハナに立ったものの、内から伸びたエリザベスタワーに詰め寄られてあわやのシーン。1着同着となったことで辛うじて事なきを得たが、本番に向けて視界良好とは言い難い内容だった。

 昨年、小倉2歳S(G3)、ファンタジーS(G3)を連勝した勢いで臨んだ阪神JFでは、鞍上の武豊騎手も折り合いに苦心しつつも、最後の直線で外から豪脚を披露。最後は力尽きて4着に敗れはしたが、初のマイル戦でも一定の目処が立っていた。とはいえ、気性面の成長に前進は見られなかったことは、次走に大きな課題を残していた。

JRA 武豊「最下位になっても文句は言えない」と危惧!? 桜花賞(G1)メイケイエール陣営が横山典弘「全権委任」に太鼓判、ノームコアの苦い記憶を払拭できるかの画像2

 枠順やスタートにもよっては「逃げ」も示唆していた武豊騎手だが、3月20日の阪神競馬で騎乗した際に負傷。後に骨折が判明したため、代打として陣営から白羽の矢が立ったのが横山典騎手である。

 最近は活躍が目覚ましい三男・武史騎手の陰に隠れている印象もある父・横山典騎手だが、変幻自在の「横山マジック」はまだまだ健在。大胆な騎乗ぶりがときには物議を醸すこともあるが、武豊騎手ですら「お転婆」ぶりに手を焼くメイケイエールの鞍上には願ってもない騎手だ。

「勝ちたいなと考えたときに、ジョッキーの選択は横山典弘騎手でした」

JRA 武豊「最下位になっても文句は言えない」と危惧!? 桜花賞(G1)メイケイエール陣営が横山典弘「全権委任」に太鼓判、ノームコアの苦い記憶を払拭できるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!