NEW

パチスロ新台“フル攻略”で「機械割100%越え」の安定感!「○○」で打ち込むほど有利に…業界初システムに熱視線!

【この記事のキーワード】

, , ,

パチスロ新台フル攻略で「機械割100%越え」の安定感!「○○」で打ち込むほど有利に…業界初システムに熱視線!の画像1

 遊技機メーカーのJPSは5号機時代、『ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて』『ドルマッチ』など多くのパチスロをリリース。中でも『アストロ球団』や『2027』は、その斬新なゲーム性でパチスロマニアたちを唸らせた。

 そんな同社は現在、ホール企業との共同製作による「PBパチスロ機」に注力。「オリスロ」の愛称で、様々なホール企業とのオリジナル機を発売中だ。

 昨年1月に6号機3作目としてデビューした『オリスロ3AA』シリーズは、アプリイネットワーク(UPLY)、延田グループ(123)、ひぐちグループ(まるみつ)の4社で共同開発。約195枚獲得のビッグ、約104枚獲得のREGを搭載したボーナスタイプで、全80種類の豊富なプレミアム演出を搭載している。

 設定は「5」と「6」の2段階で、フル攻略であれば機械割は104%までアップ。フル攻略といってもチェリーを完全奪取する程度のもので、誰でも気軽に楽しむことができる。

 大好評の『オリスロ3AA』シリーズの登場から1年。同社は公式HP上で、新たなパチスロ『ORIGINAL SLOT4 PLUS』の機種情報を公開した。

 オリスロシリーズの究極進化と銘打たれた当機は、業界初の「PLUSシステム」を採用。小役を奪取するごとに1枚=1PTが加算され、取った小役の総枚数に応じてステータスがアップ→そのステータスと共に小役告知割合も最大99.9%まで上昇するといった仕組みだ。

 ボーナスはビッグとREGの2種類で、それぞれ約210枚、105枚の払い出しで終了。レバーONでのスタート音変化はチャンス到来で、通常の告知ランプ点灯のほか、「ドリフト」「SPテンパイ音」「エレキ点滅」「ロゴランプ点灯」などといった、先代と同じく全80種類のプレミアム告知もある。

 また、REG消化中には秘密があるようで、REG開始時or終了時に「ジャラララン」と鳴れば、或いはREGのBGMが途中で切り替わればチャンスとなる模様。頻発すれば高設定に期待できるのではないだろうか。

 設定は「5」「6」に「P」を加えた3段階で、設定5はビッグ確率172分の1、REG確率437分の1(合算123分の1)とビッグ偏向。設定6と設定Pはビッグ、REG共に218分の1(109分の1)とバランス型で、設定6の機械割が103.2%、設定Pの機械割が105.2%であることから、通常時の小役出現率に設定差があると考えられる。

 ちなみに、設定5でもフル攻略であれば機械割は101.7%に達する。

 導入は5月予定で、4月中旬には静岡県で先行導入されるようだ。 
 

【注目記事】

パチンコ「時短200回」「確変2回ループ」…ファンを楽しませた「名機」が登場【CR機の歴史~1995年前編~】

パチンコ「一撃3万発」は通過点の“爆連モンスター”を超える衝撃!?「81%ループ」×「ALL1500個+α」… 怪物シリーズ最新作が間もなく降臨!!

パチスロ新台『スーパーハナハナ(30)』実戦で「アノ反応」を!?【濱マモルの のほほんコラムVol.91~条件反射~】

パチスロ新台“フル攻略”で「機械割100%越え」の安定感!「○○」で打ち込むほど有利に…業界初システムに熱視線!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!