NEW

JRA 武豊主戦メイケイエールが『ウマ娘』入り!? オーナー「ぜひ、加えてもらえたら」現役屈指の破天荒キャラで“ゴールドシップ”に挑戦状か

JRA 武豊主戦メイケイエールが『ウマ娘』入り!? オーナー「ぜひ、加えてもらえたら」現役屈指の破天荒キャラでゴールドシップに挑戦状かの画像1
公式HPより

「とても話題になっていますしね。ぜひ、加えてもらえたらなんて」

『中日スポーツ』の取材にそう答えたのは、桜花賞(G1)が控えるメイケイエール(牝3歳、栗東・武英智厩舎)のオーナー名古屋競馬の中西肇社長だ。

 詳細はぜひ記事を読んでいただきたいが、中西社長が“参戦”に前向きなのは、先日500万ダウンロードを達成するなど大ヒットを記録している『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)であるというから驚きだ。

 競馬を彩った名馬が女性アイドル化し、そのままレースを走ってしまうという異色のゲーム。発表当初は競馬ファンの間でも賛否両論あったものの、グッズ展開やアニメ放送などが先行した結果、サービス開始直後から人気が爆発。あっという間に大ヒット作となった。

「競走馬が擬人化するというテーマもあって、当初は関係者の間でも賛否両論があったようです。実際に『ウマ娘』にはオグリキャップやトウカイテイオーなど、過去の名馬が数多く登場していますが、今でもオルフェーヴルら数多くの名馬を輩出し続けている社台グループや、ディープインパクトの金子真人オーナーなどの所有馬は登場していません。

そんな中で名古屋競馬(メイケイエールのオーナー)さんが前向きな姿勢を見せてくれた点は、決して小さくないと思います。現在、現役馬がゲームに登場した例はないですが、ぜひ実装を期待したいですね」(競馬誌ライター)

 また、中西社長が「エールはキャラクターも濃いですから」と話す通り、メイケイエールといえば主戦の武豊騎手でさえ手を焼いている気性の荒さがトレードマーク。もし、擬人化されるとすれば、かなり個性的なキャラクターになりそうだ。

「『ウマ娘』の個性派キャラといえば、一部のファンから熱烈な人気を集めているゴールドシップが真っ先に思い浮かびます。個性派揃いのウマ娘の中でも一際異彩を放っていて、その破天荒ぶりから、逆に競走馬の方のゴールドシップのじゃじゃ馬ぶりが改めて話題に上るほど。

それにしても、そんなメイケイエールと今年の桜花賞で、かつてゴールドシップを手掛けた今浪隆利厩務員が担当されるソダシが一緒に走るというのは、面白い構図ですね。メイケイエールとしては、リアルで打倒ソダシを成し遂げて『ウマ娘』でもゴールドシップに挑戦状を叩きつけてもらいたいです(笑)」(同)

 中西社長がメイケイエールの『ウマ娘』化に前向きなのも、名古屋競馬が管理する中京競馬場がもっと多くの人々の注目を集めてほしいからこそだそうだ。

 桜花賞(G1)の有力候補にも挙がっているメイケイエール。堂々の『ウマ娘』入りに向け、まずはG1勝利の箔をつけたいところだ。

(文=銀シャリ松岡)

<著者プロフィール>
 天下一品と唐揚げ好きのこってりアラフォー世代。ジェニュインの皐月賞を見てから競馬にのめり込むという、ごく少数からの共感しか得られない地味な経歴を持つ。福山雅治と誕生日が同じというネタで、合コンで滑ったこと多数。良い物は良い、ダメなものはダメと切り込むGJに共感。まれに自分の記事で泣く。

JRA 武豊主戦メイケイエールが『ウマ娘』入り!? オーナー「ぜひ、加えてもらえたら」現役屈指の破天荒キャラで“ゴールドシップ”に挑戦状かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由