NEW

JRA桜花賞(G1)ソダシ金子真人オーナーを上回る「強運」の持ち主!? 唯一の所有馬8番人気ファインルージュが大健闘3着!

【この記事のキーワード】

, ,

JRA桜花賞(G1)ソダシ金子真人オーナーを上回る「強運」の持ち主!? 唯一の所有馬8番人気ファインルージュが大健闘3着!の画像1

 11日、阪神競馬場では桜花賞(G1)が行われ、白毛馬のソダシが見事G1・2勝目を挙げた。

 内枠から好スタートを切ると、終始インコースでロスのない立ち回りを見せ、勝ち時計は1分31秒1のレコードというおまけつき。レース直前に1番人気の座は譲ったが、昨年のデアリングタクトに続き無敗で桜の女王に輝いた。

 ソダシを所有する金子真人氏(馬主名義は金子真人ホールディングス)の桜花賞制覇は2010年のアパパネ以来、11年ぶり2度目。クラシック制覇は、ワグネリアンで制した18年の日本ダービー(G1)以来となった。

 金子氏といえば、個人馬主ながら驚異の相馬眼と類まれなる強運で、これまで多くの名馬を所有してきた。代表格はもちろんディープインパクト。他にも、キングカメハメハ、マカヒキ、そして先述したワグネリアンという4頭のダービー馬を所有。牝馬ではアパパネ以外に、トゥザヴィクトリー、ピンクカメオ、そしてソダシがG1を制覇している。競馬ファンなら誰もが知る“強運オーナー”である。

 桜花賞でソダシを追い詰め、2着に入ったのがサトノレイナスだった。オーナーは大物個人馬主の一人として知られる里見治氏(馬主名義はサトミホースカンパニー)だ。さらに3着には、これも個人が所有するファインルージュ(牝3歳、美浦・木村哲也厩舎)が飛び込んだ。

 8番人気で3着に激走したファインルージュ。そのオーナーは、千葉県浦安市で不動産業を営む六井元一氏だ。長年の競馬ファンでも、その名前にはあまり馴染みがないだろう。

 それもそのはず、六井氏にとってファインルージュは馬主として初めて所有した馬である。18年7月の当歳セレクトセールで3300万円(税別)で競り落としたのが、後にファインルージュと命名されるキズナ産駒だった。しかも、六井氏が現在JRAで所有している競走馬は、この1頭だけである。

「一つ勝つのも難しい」と言われるこの世界において、初めての所有馬で勝利を飾るどころか、1月にはフェアリーS(G3)を制覇。さらにG1初挑戦で「クビ+1/2馬身」差の3着という素晴らしい結果を残した。

 ちなみに金子氏が初めてJRAで所有したのがノーバディエルスという馬だった。1995年にデビューしたが、10戦して勝利を挙げることはできなかった。金子氏をもってしても、重賞制覇は4年、G1制覇には5年という月日を要している。

 最初の所有馬で金子氏を上回る“強運ぶり”を発揮した六井氏。これを機に大物オーナーの道を歩んでいくのだろうか。ファインルージュの今後とともに、もし2頭目を所有することがあれば、その動向にも注目したい。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRA桜花賞(G1)ソダシ金子真人オーナーを上回る「強運」の持ち主!? 唯一の所有馬8番人気ファインルージュが大健闘3着!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!