NEW

JRA 皐月賞(G1)ノーザンファーム「お抱え騎手」が上位独占!? 桜花賞(G1)でも見せつけた層の厚さ、赤丸急上昇の注目騎手が狙い目か

【この記事のキーワード】

, ,

JRA 皐月賞(G1)ノーザンファーム「お抱え騎手」が上位独占!? 桜花賞(G1)でも見せつけた層の厚さ、赤丸急上昇の注目騎手が狙い目かの画像1

 18日、中山競馬場で行われる皐月賞(G1)は、エフフォーリア、ダノンザキッドの2強対決と目されている。

『netkeiba.com』の予想オッズ(12日現在)では、2.6倍で1番人気のエフフォーリアに対して2.8倍の2番人気にダノンザキッド。7.1倍の3番人気ディープモンスターに大きな差をつけている。エフフォーリアとダノンザキッドは、どちらもノーザンファーム生産馬。今年の皐月賞には、日本の競走馬生産界トップの育成牧場から大挙12頭が出走する。

 ノーザンファーム生産馬は、先週の桜花賞でも11頭が出走。結果的に上位7着までを独占したように、皐月賞でも無視できない存在といえるだろう。

 そこで注目したいのは、皐月賞に参戦を予定している主なジョッキーのノーザンファーム生産馬への騎乗数だ。

■2021年 各騎手のノーザンファーム生産馬騎乗数
(騎手、騎乗数、皐月賞騎乗馬)
ルメール 103鞍 アドマイヤハダル
吉田隼人 78鞍 ステラヴェローチェ
福永祐一 70鞍 レッドベルオーブ
川田将雅 60鞍 ダノンザキッド
横山武史 58鞍 エフフォーリア

JRA 皐月賞(G1)ノーザンファーム「お抱え騎手」が上位独占!? 桜花賞(G1)でも見せつけた層の厚さ、赤丸急上昇の注目騎手が狙い目かの画像2

 吉田隼人騎手の78鞍は意外であったが、桜花賞を1番人気のソダシで勝利。結果的に、ノーザンファーム生産馬への騎乗数、上位3人での決着となったのは見逃せない。

1着ソダシ 吉田隼騎手
2着サトノレイナス ルメール騎手
3着ファインルージュ 福永騎手

 皐月賞でルメール騎手はアドマイヤハダルに騎乗するが、これは元々騎乗を予定していたオーソクレースの回避によるもの。アーモンドアイ、グランアレグリアをはじめ、多くの実力馬を任されて来たお抱え騎手だけに、順当な結果ともいえそうだ。

 ただ、吉田隼騎手はステラヴェローチェ、福永騎手はレッドベルオーブに騎乗。この2人が朝日杯FS(G1)組に騎乗するのは気になるところである。

「朝日杯FSの結果からも、2頭でいえば1馬身半先着した2着ステラヴェローチェの方でしょう。共同通信杯は5着に敗れましたが、2着ヴィクティファルスとの差は0.1秒と僅かでした。鞍上の吉田隼騎手も桜花賞でソダシを勝利に導いたように乗れていますからね。

ヴィクティファルスを2馬身半ちぎったエフフォーリアは強敵かもしれませんが、レッドベルオーブも含め朝日杯FS組が通用する可能性もあるのではないでしょうか」(競馬記者)

 朝日杯FS組はホープフルS組とは未対戦で、特に吉田隼騎手はノーザンファーム生産馬の騎乗数からも有力馬が回ってきている感すらある。記者も話すように、ステラヴェローチェが皐月賞で通用する可能性は十分にあるだろう。

 先週も3勝を挙げ、関東リーディングトップを走る吉田隼騎手。皐月賞でもその手腕に期待したいところだ。

(文=北野なるはや)

<著者プロフィール>
 某競走馬育成牧場で働いた後、様々なジャンルの仕事で競馬関連会社を転々とする。その後、好きが高じて趣味でプログラミングを学習。馬券には一切のロマンを挟まないデータ派であるが、POG(ペーパーオーナーゲーム)では馬体派という奇妙な一面も持つ。

JRA 皐月賞(G1)ノーザンファーム「お抱え騎手」が上位独占!? 桜花賞(G1)でも見せつけた層の厚さ、赤丸急上昇の注目騎手が狙い目かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!