NEW

JRA「ハンデ戦にしないとね」武豊もお手上げだったアグネスタキオン、刻をこえて復活した幻の三冠馬が皐月賞(G1)前に話題独占?

JRA「ハンデ戦にしないとね」武豊もお手上げだったアグネスタキオン、刻をこえて復活した幻の三冠馬が皐月賞(G1)前に話題独占?の画像1

 先週の桜花賞(G1)を制したソダシだが、その父クロフネを2000年のラジオたんぱ杯3歳S(G3・現ホープフルSの前身)でレコード撃破したのがアグネスタキオンだ。

 アグネスタキオンはディープインパクトの父としても知られるサンデーサイレンス、桜花賞馬の母アグネスフローラとの間に生まれた。全兄にダービー馬アグネスフライトがいる超良血馬である。

 前述したラジオたんぱ杯で重賞初勝利を挙げたアグネスタキオンは、翌年の弥生賞(G2)から始動。前走でクロフネ、ジャングルポケットといったトップクラスを相手に楽勝したこともあり、ファンも単勝1.2倍の圧倒的1番人気に支持した。

「三冠を取れる可能性のある馬」

 管理している長浜博之調教師がそう評したほどの強さに、ライバル陣営は続々と回避を表明する。最終的に8頭立ての少頭数で行われたこのレースで2着のボーンキングに5馬身の差をつける大楽勝を披露した。アグネスタキオンのあまりの強さにボーンキングに騎乗していた武豊騎手をして「強過ぎるね、クラシックもハンデ戦にしないとね」と冗談とも本気ともいえないコメントを引き出したほど。このときの4着は後の菊花賞馬マンハッタンカフェだった。

 牡馬クラシック第1弾の皐月賞(G1)に、アグネスタキオンは当然のごとく単勝1.3倍の断然人気で挑む。好位4、5番手から楽に抜け出す競馬で、2着ダンツフレーム、3着ジャングルポケットを一蹴した。

 危なげない内容でクラシック初戦を制したアグネスタキオンは、これでデビューから無傷の4戦全勝。1994年ナリタブライアンの三冠達成が期待されたが、日本ダービー(G1)を前に左前浅屈腱炎を発症して出走を断念。関係者が協議した結果、引退して種牡馬となることが決定した。

 種牡馬となったアグネスタキオンは名牝ダイワスカーレット、ダービー馬ディープスカイをはじめ、6頭のG1馬を輩出。2008年にはリーディングサイアーの座を手に入れ、サンデーサイレンスの後継として大きな期待を集めたが、翌年に急性心不全で急逝する。

JRA「ハンデ戦にしないとね」武豊もお手上げだったアグネスタキオン、刻をこえて復活した幻の三冠馬が皐月賞(G1)前に話題独占?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!