NEW

パチンコお馴染みの「再抽選」登場!「スベり」を伴うリーチなどファンを魅了した黄金期【CR機の歴史~1995年後編~】

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコお馴染みの「再抽選」登場!「スベり」を伴うリーチなどファンを魅了した黄金期【CR機の歴史~1995年後編~】の画像1

 1992年の導入当初こそ不人気だったものの、1993年に新内規として誕生した西陣の『CR花満開』は、既存の現金デジパチとは一線を画す圧倒的な連チャン性でホールを席捲。1994年には人気シリーズの初代『CR黄門ちゃま2』がデビューし、CR機のシェアはさらに拡大した。

 翌1995年は、CR機の豊作とも言える年。多くのメーカーがヒット機種を送り出し、CR機の人気を不動のものとした。

 三洋物産は『CRマジカルパニック』『CRわくわくセブン』『CRパニックランド』などを製造。中でも、同時期の現金機共々高い人気を誇ったのが『CR冒険島』である。

 この『CR冒険島』は大当り確率360.2分の1(設定1)~419.8分の1(設定3)で、以降2回継続。予告フラッシュ発生からのリーチは期待大で、前出目の頭を次のキャラが踏んで進める「玉突き」は「全回転」へと発展することもある。

 大一商会は『CRちんじゃら』『CRワンダーランド』などを発売する中、『CRバトルヒーローV』が大ヒット。シンプルながらもスベリを伴うリーチは中毒性が高く、当機に登場するマイト君は現在も同社の主要キャラとして活躍中だ。

 この『CRバトルヒーローV』の大当り確率は354分の1(設定1)~443分の1(設定3)で、確変突入率は3分の1、以降2回継続。当時の同社マシンは総じて大当り確率が低いものの、当時はどの機種にも回転時間の短縮があったためにガンガン回すことができた。

 豊丸産業は『CR恐竜天国』と『CRコマコマ倶楽部』を製造。将棋の駒がクルクルと回転するシンプルな演出の中に通常大当りが確変へと昇格する「再抽選」機能を組み込み、その後のパチンコのゲーム性に多大な影響を与えた。

 高尾は『CRあっちむいてほい』『CRフューチャー』『CRスーパーベビー』などと共に、『CRレディースナイパー2』を発売。大当り確率382分の1、確変突入率3分の1、以降2回継続となるこの『CRレディースナイパー2』は、確変の「7」と「チェリー」が複合図柄である点が大きな特徴で、確変のみのトリプルリーチから「SPリーチ」に発展した場合は激アツだ。

 サミーは同社初のCRデジパチ『CRくだもの畑』と『CRドラゴンウィング』を製造。どちらもドラム式のマシンで、確変突入率50%、次回継続の後者はパチスロ『九龍』でお馴染みの絵柄が採用されている。

 このほか、京楽は『CRウルトラダイナマイト』、竹屋は『CRアニ丸』、マルホンは『CRスパークシュート』『CRクレイジー博士』、奥村遊機『CRパチプロヒストリー』『CRオーシャンブルー』、ニューギンは『CRフルーツカクテル』、太陽電子は『CRクイーンカップ』『CRトドの浜ちゃん2』などを発売。どれも歴史を彩ったマシンばかりだ。

【注目記事】

パチスロ4号機時代の「名作復刻版」ついに「撤去」へ…強力コラボで生まれた“傑作”を特集!! 

パチスロ「有利区間1500Gリミッタ撤廃」で新たな刺客!?『沖ドキ!』撤去により加熱する「覇権争い」へ注目!!

パチンコ「一撃9万発」など爆裂ムーブメント実現!名物メーカー渾身の「激アツ新台」さらなる歓喜を期待!!

パチンコお馴染みの「再抽選」登場!「スベり」を伴うリーチなどファンを魅了した黄金期【CR機の歴史~1995年後編~】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!