NEW

パチスロ2,400枚「〇〇MAX」で濃厚!? 6号機「高速AT」マシンいよいよ始動!! 

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ2,400枚「〇〇MAX」で濃厚!? 6号機「高速AT」マシンいよいよ始動!! の画像1

 パチスロは5.9号機から6号機へと移り変わるにあたり、様々な規則が改正された。

 たとえば、AT・ART機であればナビ有利区間性能に設定差を付けることが可能。これにより、AT・ARTの出玉性能に設定ごとの変化を持たせられるようになった。

 また、AT・ART抽選が行われる有利区間比率の上限が撤廃されたことで、天井機能も復活。大ハマリ後の救済措置は、プレイヤーにとってありがたい限りである。

 加えて、AT機における1Gあたりの純増枚数に制限がなくなった点も特筆要素のひとつ。その結果、6号機への移行と共に高純増マシンが数多くデビューしたわけである。

 4月19日の設置を予定しているSANKYOの『パチスロ マクロスデルタ』は、そんな高純増マシンの最高峰。1G純増約9.5枚を誇る超速AT機として、導入前から大きな反響を呼んでいる。

 通常時は、有利区間移行時に突入する「デルターボ」やチャンス役成立など様々な場面でCZの強化抽選が行われ、主に規定デルタカウンター到達でCZ「バルキリーゾーン」がスタート。16G継続のCZ中は約5分の1でバトル開始→3体撃破できればAT確定で、CZ突入時のAT期待度は約35%だ。

 AT「戦術LIVE」はナビ回数管理型で、まず「ワルキューレチャンス」で初期ナビ回数を決定。上乗せ期待度は選択キャラによって変化し、上乗せ後のレバーONでリールロックが発生すれば連続上乗せに大きな期待が持てる。

 AT中はナビ回数上乗せ、ワルキューレチャンス、デルタボーナス抽選などが行われ、高確ステージへの移行は上乗せ期待度がアップ。BAR揃いはワルキューレチャンス突入濃厚で、青7揃いを機に発動するデルタボーナスはナビ15回消化まで継続する疑似ボーナスだ。

 また、通常時を含めてリンゴが揃うたびに加算される「リンゴカウンター」が200回に到達した場合は「LIMIT-A」が濃厚となる模様。このLIMIT-Aにひとたび突入すればエンディング、すなわち約2,400枚獲得に期待できるとのことだ。

 本機における小役狙い手順は、左リール枠上~上段に青7絵柄を狙い、中&右リールはフリー打ちでOK。3連チェリーは強チェリー、左リール下段青7からの上段リンゴハズレはチャンス目A、左リール上段スイカからのスイカハズレはチャンス目Bとなる。

【注目記事】

パチンコ「200連・10万発」炸裂の爆速マシン! 甘くなっても“神”だった…わずか「50分で偉業」達成!!

パチスロ「8万枚」も叶えた爆裂レジェンド!「時速5000枚」「AT5000G」も霞む4号機時代の“神”との思い出

パチスロ2,400枚「〇〇MAX」で濃厚!? 6号機「高速AT」マシンいよいよ始動!! のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!