NEW

JRA古今東西・皐月賞(G1)苦労人列伝!! ドリームパスポート&高田潤、ダイタクリーヴァ&高橋亮……今年の“崖っぷちジョッキー”は最大のチャンスを掴めるか

【この記事のキーワード】, ,

JRA古今東西・皐月賞(G1)苦労人列伝!! ドリームパスポート&高田潤、ダイタクリーヴァ&高橋亮……今年の崖っぷちジョッキーは最大のチャンスを掴めるかの画像1

 18日の中山競馬場では、牡馬クラシックの第1関門となる第81回皐月賞(G1)が開催される。

 古馬G1と違って、クラシックのチャンスは一生に一度。それ故、並々ならぬ執念や意気込みを掛けているホースマンも珍しくはない。「ミスは許されない」「二度目はない」といった思いが、皐月賞をはじめとするクラシックレース独特の空気を作り出し、数々のドラマを生み出してきたのだ。

 そんな背景のなか、今年の皐月賞で注目を集めている人馬が、アサマノイタズラ(牡3・手塚貴久厩舎)と嶋田純次騎手のコンビではないだろうか。

 デビュー11年目の嶋田騎手は、先週11日現在で今年挙げた勝利はわずか1勝。通算83勝のなかでも重賞勝ちがない、いわば「崖っぷちジョッキー」のひとりでもある。

 同馬とのコンビで出走した今年2月の水仙賞では4着に終わり、「内で詰まってしまい、まったく追えませんでした。外に出せていれば…」と、自身も騎乗ミスを認めるようなコメントを残したことで、ネット上では乗り替わりを危惧する発言もみられた。

 そんななか、継続騎乗を果たした前走のスプリングS(G2)では2着を確保。皐月賞への優先出走権を得た嶋田騎手にとって、苦労してようやく手にしたクラシックロードといえるだろう。

 今回はそんな嶋田騎手のような、紆余曲折を経て皐月賞出走にこぎつけた苦労人たちを振り返りたい。

 近年で思い出されるのは、ドリームパスポートと高田潤騎手のコンビだ。2006年のきさらぎ賞(G3)を制するなど、当年のクラシックロードを賑わす存在と注目されていたドリームパスポート。予想通り3月のスプリングS(G2)は、M.デムーロ騎手の騎乗で3着。皐月賞出走へと駒を進めた。

 ところが本番で同馬に跨ったのは、当時デビュー8年目の高田騎手。デムーロ騎手の騎乗停止処分からの代打騎乗だった。

 当時から、どちらかといえば障害騎手としてならしていた高田騎手は、それまで平地の重賞勝ちはなし。平地に限れば当時はわずか39勝で、その勝利は2004年9月に挙げて以来、実に1年半以上も勝ち星から遠ざかっていた。

 そんな”騎手要素”が影響したのか、10番人気の低評価で迎えたドリームパスポートの皐月賞。しかし大方の予想に反して、高田騎手は2着に入る意地をみせてくれた。

 実はドリームパスポートの新馬戦に跨ったのが、ほかならぬ高田騎手だった。当時所属していた松田博資厩舎では、デビュー前から同馬の調教をつけるなど、完全に手の内に入れていたのだろう。

 ちなみに同年9月には、ドリームパスポートとのコンビで神戸新聞杯(G2)を制覇。見事に平地での重賞勝利も達成している。

 また、2000年のクラシックロードを沸かせたダイタクリーヴァと、当時は騎手だった高橋亮調教師のコンビも忘れがたい。

JRA古今東西・皐月賞(G1)苦労人列伝!! ドリームパスポート&高田潤、ダイタクリーヴァ&高橋亮……今年の“崖っぷちジョッキー”は最大のチャンスを掴めるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?