NEW

JRA カレンチャン登場に関係者も大興奮!? 「オレの女」ラブラブアピール、衝撃の「暴露写真」にロードカナロアも嫉妬?

JRA カレンチャン登場に関係者も大興奮!? 「オレの女」ラブラブアピール、衝撃の「暴露写真」にロードカナロアも嫉妬?の画像1

 先週の桜花賞(G1)をデビューから5連勝で制した白毛のアイドルホース・ソダシ(牝3、栗東・須貝尚介厩舎)だが、その父であるクロフネも歴史に残る名馬だった。

 日本競馬史上、ダート最強馬の呼び声も高かったクロフネは現役時代だけでなく、種牡馬となってからも多くのG1ホースを輩出した。その活躍は芝やダート以外に障害でも中山グランドジャンプ(J.G1)、中山大障害(J.G1)を制したアップトゥデイトも出すなど、オールマイティーな適性には目を見張るものがあった。

 今年の1月17日、老衰のためにこの世を去ったクロフネだが、産駒のなかでも愛らしい馬名も相まって多くのファンを獲得したのがカレンチャンだ。同馬は18戦9勝だった生涯成績のうち16戦が1200mのレース。芝では他距離の2戦も1400mだったように生粋のスプリンターだった。

 2011年にスプリンターズS(G1)を制したカレンチャンのG1・2勝目となったのが、翌年の高松宮記念(G1)だ。前哨戦を敗れたこともあって1歳下のロードカナロアに1番人気を譲って2番人気になったカレンチャンだが、先輩G1馬の貫録を見せつけて快勝した。

 しかし、G1で2度目の対決となったスプリンターズSはロードカナロアがカレンチャンを2着に退けて優勝。後に世界的なスプリンターへ上り詰めた同馬にとって初のG1勝利でもあった。

 ライバルとしての対決はこれが最後となった2頭は、繁殖牝馬カレンチャンと種牡馬ロードカナロアという形で運命的な再会を果たすことになる。

JRA カレンチャン登場に関係者も大興奮!? 「オレの女」ラブラブアピール、衝撃の「暴露写真」にロードカナロアも嫉妬?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  3. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  4. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  7. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  8. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  9. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  10. JRAイクイノックスは「10番目」の地雷!? C.ルメール泥沼29連敗から脱出も…ダービーで追い風吹くのは「失態続き」の武豊