NEW

JRA カレンチャン登場に関係者も大興奮!? 「オレの女」ラブラブアピール、衝撃の「暴露写真」にロードカナロアも嫉妬?

 現役時代、いずれも安田隆行厩舎の管理馬だった両馬を担当した岩本助手が「カレンチャンの方はそうでもないんですが、ロードカナロアはかなりカレンチャンのことを意識しているんです。2頭が一緒にいる時は結構気を使うんですよ」と、当時の東スポ『今週の職場恋愛』で語ったように、ロードカナロアはカレンチャンに片思いをしていたとも言われていた仲だった。

 そして「2人」の愛の結晶として誕生したのがカレンモエ(父ロードカナロア×母カレンチャン)だ。偉大な両親に比べると、まだまだ成長途上といえる現状ではあるが、重賞レースで連続2着しているように注目株。親子共々、今後も目を離せない存在となりそうだ。

 そんなカレンチャンが、SNSでトレンドに上がったのが14日のこと。どうやら競馬ファンのみならず、それ以外のファンをも獲得して話題となっている『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)に関係がありそうだ。

 競走馬を擬人化したキャラクターである「ウマ娘」を育成し、目標とするレースに挑戦するゲームだが、15日から新たに追加される育成ウマ娘としてカレンチャンが登場予定であることが発表されたためと考えられる。

 ウマ娘ファンだけでなく、このニュースに反応したのは安田翔伍調教師だ。

 厩舎のTwitter (@shogo_y_stable)で「話題のウマ娘に”オレの女”が登場してるようですね!強くて逞しい彼女とのラブラブショットです!」と、カレンチャンとの仲睦まじいツーショット写真とあわせてつぶやいた。

 師は現役時代にカレンチャンを管理していた父・安田隆行調教師の元で厩舎の助手をしており、その“溺愛ぶりはカレンチャンの引退式”でも話題になったほど。“元恋人”の登場を喜んだのは至極当然な流れだろう。

 その一方、この状況に気が気でなかったのは「恋敵」のロードカナロアかもしれない。残念ながら同馬はまだ「ウマ娘」で実装されていないが、参戦が実現した暁には安田翔師に負けないカレンチャン愛をアピールするに違いない。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA カレンチャン登場に関係者も大興奮!? 「オレの女」ラブラブアピール、衝撃の「暴露写真」にロードカナロアも嫉妬?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか