NEW

JRA ダノンザキッド安田隆行調教師「まあ、いいでしょう」も全然よくなかった!? 皐月賞(G1)の鬼門枠、まさか「59年勝ちなし」の絶望……

【この記事のキーワード】

, ,

JRA ダノンザキッド安田隆行調教師「まあ、いいでしょう」も全然よくなかった!? 皐月賞(G1)の鬼門枠、まさか「59年勝ちなし」の絶望……の画像1

「いいですね――」

 15日、牡馬クラシックの開幕戦・第81回皐月賞(G1)の枠順が決定し、1番人気が予想されるエフフォーリア(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)は、4枠7番に決まり、陣営は声を弾ませた。

 最大のライバル・ダノンザキッドが同じ4枠の8番になったことで、奇しくも隣同士のスタートとなったエフフォーリア。しかし、両者の命運は大きく分かたれたのかもしれない。

「できれば10番より外が欲しかった」と話しながらも「まあ、いいでしょう」と安田隆行調教師が納得した通り、ダノンザキッドの4枠8番はゲートで待たされない後入れ。普通に考えれば、先入れの奇数番となったライバルに一歩リードといったところか。

 だが過去のデータでは、逆に「雲泥の差」となっているから驚きだ。

JRA ダノンザキッド安田隆行調教師「まあ、いいでしょう」も全然よくなかった!? 皐月賞(G1)の鬼門枠、まさか「59年勝ちなし」の絶望……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!