NEW

JRA 川田将雅「3歳・G1の計」は昨年にあり!? アーリントンC(G3)ホウオウアマゾンで「4週連続」重賞勝利も勢いが止まらない理由

JRA 川田将雅「3歳・G1の計」は昨年にあり!? アーリントンC(G3)ホウオウアマゾンで「4週連続」重賞勝利も勢いが止まらない理由の画像1

 17日、阪神競馬場で行われたアーリントンC(G3)は、ホウオウアマゾン(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)が優勝。2着リッケンバッカー、3着レイモンドバローズとともに、NHKマイルC(G1)の優先出走権を獲得した。

 矢作芳人厩舎にとっては、これがJRA通算700勝の区切りの勝利。鞍上・川田将雅騎手とのコンビでは、2月にラヴズオンリーユーで京都記念(G2)を制しており、今年の重賞で2勝目を挙げている。

 アーリントンCは、18頭立ての芝1600m戦。朝から降り続いた雨により、レースは重馬場のなか行われた。

 ホウオウアマゾンは、好スタートから2番手を追走。川田騎手がレース後「ゲートをスムーズに出られましたし、並びも良かったですからね。終始、リズム良く気分良さそうに走っていました」と振り返ったように、道中は完璧なレース運びから直線で馬場のいい外に持ち出すと、最後は力強く抜け出して快勝している。

 1番人気だったホウオウアマゾンだが、人気通りの強い競馬。騎乗した川田騎手も「以前よりも馬っぷりが良くなっていましたし、返し馬でも成長を感じました」と話したように、以前騎乗した未勝利戦の時より6kg増えた馬体は力強さが増していた。

 今後についても「まだ体質面で弱さは残っていますが、そのあたりが解消してくれば更に良くなってくると思います」と伸びしろに期待。まだ出否は未定ではあるものの、本番となるNHKマイルCも楽しみな存在である。

「自身初の4週連続重賞勝利と勢いに乗る川田騎手ですが、ホウオウアマゾンは近3走で松山弘平騎手が騎乗していた馬です。今回は松山騎手が騎乗停止だったため川田騎手に手綱が戻りましたが、NHKマイルCでは再び乗り替わりとなるのではないでしょうか。

川田騎手は、昨年の朝日杯FS(G1)でホウオウアマゾンを破っているグレナディアガーズの主戦も務めています。今年のクラシック世代でもある昨年の2歳G1を2勝していますから、今年の快進撃はまだまだ続くかもしれませんね」(競馬記者)

 昨年末はグレナディアガーズで朝日杯FS、ダノンザキッドでホープフルS(G1)と、牡馬の2歳G1をともに制している川田騎手。3月以降、先週までで27勝と2位タイのC.ルメール騎手、松山弘平騎手の19勝を大きく上回る勢いは、まだまだ止まらないかもしれない。

JRA 川田将雅「3歳・G1の計」は昨年にあり!? アーリントンC(G3)ホウオウアマゾンで「4週連続」重賞勝利も勢いが止まらない理由の画像2

 先週の桜花賞から開幕した3歳G1。川田騎手は今週の皐月賞で、昨年の2歳王者ダノンザキッドでの出走を予定している。5月にはNHKマイルCほか、オークス(G1)、日本ダービー(G1)も控えており、川田騎手の今後の活躍がますます期待できそうだ。

(文=北野なるはや)

<著者プロフィール>
 某競走馬育成牧場で働いた後、様々なジャンルの仕事で競馬関連会社を転々とする。その後、好きが高じて趣味でプログラミングを学習。馬券には一切のロマンを挟まないデータ派であるが、POG(ペーパーオーナーゲーム)では馬体派という奇妙な一面も持つ。

JRA 川田将雅「3歳・G1の計」は昨年にあり!? アーリントンC(G3)ホウオウアマゾンで「4週連続」重賞勝利も勢いが止まらない理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!