NEW

JRA アンタレスS(G3)7歳迎え「充実一途」ヒストリーメイカーに渾身「◎」!高配当の使者は「紅一点」レーヌブランシュと斤量減で馬券圏内率「87.5%」ナムラカメタロー!【八木遊のフォーメーション馬券予想】

JRA アンタレス(G3)7歳迎え「充実一途」ヒストリーメイカーに渾身「◎」!高配当の使者は「紅一点」レーヌブランシュと斤量減で馬券圏内率「87.5%」ナムラカメタロー!【八木遊のフォーメーション馬券予想】の画像1

 17日(土)に予想した阪神メインのアーリントンC(G3)。「◎」を打った9番人気サトノラムセスはなんとスタートで後方に下げると、まさかの道中最後方をポツン。上がり最速の末脚を繰り出したが、7着に追い込むのがやっとだった。気持ちを切り替えて、日曜の阪神メイン、アンタレスS(G3)に全力を尽くしたい。

 かつては京都で開催されていた春のダート重賞だが、2012年からは阪神開催に固定。過去10年は、1~3番人気馬が「8-6-7-9」と堅い決着が目立つ。

 データ通りなら前日最終オッズ1番人気の2枠3番レピアーウィットから入ってもいいが、あえて、前日3番人気の4枠8番ヒストリーメイカー(牡7歳、栗東・新谷功一厩舎)を「◎」に指名する。

 地方・金沢を経て、中央再転入後、初勝利を挙げたのは5歳の1月という遅咲き。その年の12月に3勝クラスを卒業すると、その後は中央・地方で計9戦して、掲示板を外したのは1度だけという堅実な競馬を続けている。阪神では3戦して「2-1-0-0」。仁川S(L)勝利、そして昨年11月のみやこS(G3)ではクリンチャーの2着と、強敵相手に好走している。

 前走のマーチS(G3)では、中団から直線鋭く伸びてレピアーウィットに半馬身差まで詰め寄ったが、2着まで。その2頭だが、前走は同斤量の56kgを背負っていたが、今回はヒストリーメイカーの方が1kgもらう形となった。最終追い切りの動きも絶品で、7歳を迎え充実期の今なら、不動の連軸として信頼したい。

 本命に人気どころを指名したため、2~3番手は穴っぽいところを狙いたい。「○」には紅一点の7枠13番レーヌブランシュ(牝4歳、栗東・橋口慎介厩舎)を抜擢する。

 JRA所属馬だが、昨年6月に関東オークス(G2)を制して以降はすべて地方で6戦。今回は13か月ぶりの中央ダートに戻るが、デビュー戦では今回と阪神1800mで快勝しており、不安はない。また、昨年3月の伏竜S(OP)では、テーオーケインズと0秒3差という好走歴もある。

 前日最終オッズは16頭立ての11番人気と人気はないが、芝路線に続き、ダート路線でも牝馬の活躍は見られるだろうか。終い重視の最終追い切りでは、軽いフットワークを披露していたのも好印象。高配当狙いで、この馬を2番手に指名する。

「▲」は前日8番人気の8枠16番ナムラカメタロー(牡5歳、美浦・稲垣幸雄厩舎)を狙い撃つ。

 2走前の総武S(L)は58kgの酷量を背負いながら、久々の勝利を飾った。連勝を期した前走のマーチSでは、相手も強化される中、トップハンデの57.5kgを背負わされての6着。そして別定戦の今回は56kgという“軽量”を生かせるとみる。実は、これまでダートで56kg以下の斤量では8度走っているが「5-0-2-1」という好成績で、複勝率は87.5%にも上る。

 大外枠に入ったのも高く評価した大きな要因だ。これまで真ん中より内目の1~5枠発走の時は「1-0-0-5」と冴えないが、6~8枠だと「6-1-2-3」と好走率は一気に跳ね上がる。斤量と枠の2つを味方につけて激走に期待したい。

JRA アンタレスS(G3)7歳迎え「充実一途」ヒストリーメイカーに渾身「◎」!高配当の使者は「紅一点」レーヌブランシュと斤量減で馬券圏内率「87.5%」ナムラカメタロー!【八木遊のフォーメーション馬券予想】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  3. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  4. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  7. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【七夕賞(G3)展望】棚ぼた勝利は難しいハンデ戦!? 「G1除外の無念」ヒートオンビートVS「福島の鬼」ヴァンケドミンゴ!
  10. JRA武豊×蛯名正義「同期タッグ」が北の大地でOP初挑戦! 騎乗するのは縁ある「女帝」の孫。重賞初挑戦へ繋がる勝利にかかる期待