NEW

JRA【フローラS(G2)展望】ソダシ・サトノレイナスに迫ったユーバーレーベンVS「2戦2勝」社台ファーム期待の「良血」オヌール!

JRA【フローラS(G2)展望】ソダシ・サトノレイナスに迫ったユーバーレーベンVS「2戦2勝」社台ファーム期待の「良血」オヌール!の画像1

 25日、東京競馬場ではフローラS(G2)が行われる。2着までにオークス(G1)の優先出走権が与えられる、牝馬クラシック第2弾につながる重要な位置づけの一戦だ。

 昨年はウインマリリンがここを勝ち、オークスでもデアリングタクトを最後まで苦しめる2着に入った。今年は、どの馬がオークスに名乗りを上げることになるだろうか。

 最注目は、昨年12月の阪神JF(G1)でソダシ、サトノレイナスに次ぐ3着に食い込んだユーバーレーベン(牝3歳、美浦・手塚貴久厩舎)だ。

 もともと1800mでデビューしたように、桜花賞(G1)よりオークス向きというのが陣営の考え。実際にフラワーC(G3)から始動し、3着に敗れると桜花賞には登録すらしなかった。

 誤算だったのは騎乗予定だったM.デムーロ騎手が、騎乗停止処分を受けてしまったこと。丹内祐次騎手が代打で騎乗したが差し届かず、賞金加算は失敗に終わった。オークス出走に照準を絞り、2着以内での権利獲りは絶対だ。

 血統的にも期待が高まる。ユーバーレーベンの父は昨年の覇者ウインマリリンと同じゴールドシップ。レースに使われ良くなるタイプの産駒が多く、休み明けをひと叩きされた今回は好走必至。1週前追い切りでも好時計をマークし、ソダシ・サトノレイナスとの再戦に向けて準備は整った。

 5戦1勝のユーバーレーベンに対し、2戦2勝でまだ底を見せていないオヌール(牝3歳、栗東・友道康夫厩舎)は無敗でのオークス挑戦を見据える。

 父はディープインパクト、母はフランスの名牝アヴニールセルタンで、全姉がデゼルという良血。昨年11月のデビュー戦では、好位抜け出しの横綱相撲で単勝1.4倍の人気に応え、素質の高さを垣間見せた。

 4か月ぶりとなった前走のアルメリア賞(1勝クラス)でも1.9倍の圧倒的支持を得ると、デビュー戦と同じように好位から進め、直線抜け出すと後続の追撃をしのいだ。

 クビ差、半馬身差と2戦とも着差は地味だが、並んでからの勝負根性は本物。前走後には武豊騎手も「着差以上に強さを感じました」と高い将来性を感じさせるコメントを残している。

 課題は1年前の姉デゼルと同じく馬体の維持だろう。オヌールの馬体重はデビュー戦が418kg、久々の前走が412kgと減っていたのは気になるところ。しかも今回は初の長距離輸送で、馬体重を減らさずにレースを迎えられるかは大きなカギとなる。

 武豊騎手が負傷のため、鞍上は川田将雅騎手に乗り替わる。その川田騎手は今月10日の阪神牝馬S(G2)では、同じくテン乗りでデゼルを勝利に導いた。今度は妹を勝利に導くことができるだろうか。

JRA【フローラS(G2)展望】ソダシ・サトノレイナスに迫ったユーバーレーベンVS「2戦2勝」社台ファーム期待の「良血」オヌール!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!