NEW

JRA【マイラーズC(G2)展望】「三度目の正直」8歳馬エアスピネルVS「単勝2万馬券」演出ギベオン! コントレイル世代アルジャンナにも要注目

【この記事のキーワード】, ,

JRA【マイラーズC(G2)展望】「三度目の正直」8歳馬エアスピネルVS「単勝2万馬券」演出ギベオン! コントレイル世代アルジャンナにも要注目の画像1

 25日、阪神競馬場ではマイラーズC(G2)が行われる。2019年はダノンプレミアム、昨年はインディチャンプというマイルG1馬が1番人気に支持され、しっかりそれに応えてきたが、G1馬不在の今年は一転、混戦模様となりそうだ。

 19年7月の函館記念(G3)以来、1年9か月ぶりに芝レースに矛先を向けてきたのはエアスピネル(牡8歳、栗東・笹田和秀厩舎)だ。

 昨年7月以降はダートで5戦して、2着2回、3着1回と結果を残した。前走のフェブラリーS(G1)では9番人気ながら、勝ったカフェファラオに3/4馬身差に詰め寄る2着に好走。2度目の騎乗で大金星をつかみかけたのが、7年目24歳の鮫島克駿騎手だった。

 前走を含めてエアスピネルには2度騎乗し、2着2回という鮫島克騎手。4月11日時点ですでに年間22勝を挙げ、全国リーディングは8位につけている。自己ベストを大幅に更新する勢いで勝ち鞍を重ねている伸び盛りの若手騎手だ。

 その鮫島克騎手がエアスピネルと初めてコンビを組んだのは昨年のプロキオンS(G3)。8番人気で2着に入り、穴をあけている。今回はおそらく上位人気の一角に支持されそうだが、芝でも同じように相性のいいところを見せられるだろうか。

 エアスピネルは、マイラーズC(G2)には3年ぶり3度目の出走となる。過去2回は、いずれも1番人気に支持されたが、17年はイスラボニータに半馬身及ばず2着、18年はサングレーザーから0秒3差の3着に敗れた。

 芝ダート問わず、マイルでは安定感抜群。「三度目の正直」で重賞4勝目を狙う。

JRA【マイラーズC(G2)展望】「三度目の正直」8歳馬エアスピネルVS「単勝2万馬券」演出ギベオン! コントレイル世代アルジャンナにも要注目の画像2

 エアスピネルは前走9番人気で激走したが、しんがり10番人気で金鯱賞(G2)を勝ち切ったのがギベオン(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)だ。

 デアリングタクトの末脚を抑え込み、まんまと逃げ切った前走は単勝227.3倍での大駆けだった。3歳時にはNHKマイルC(G1)で2着という実績の持ち主だが、18年12月に中日新聞杯(G3)を勝ち、その後は11戦連続で馬券圏外に沈んでいた。

 前走は陣営の目論見通り、ハナを主張したのが功を奏した形で、フロック視する声も聞かれた。前走から一気に2ハロン短縮で前走のようにマイペースの逃げは打てないだろう。久々のマイル戦で真価が問われそうだ。

 鞍上は引き続き4年目の21歳西村淳也騎手が務める。ある程度マークされる立場となるが、勢いに乗る若手騎手の手綱さばきにも注目したい。

 20代前半の2人に対し、40代のベテラン騎手2人も有力馬で存在感を見せたい。

JRA【マイラーズC(G2)展望】「三度目の正直」8歳馬エアスピネルVS「単勝2万馬券」演出ギベオン! コントレイル世代アルジャンナにも要注目のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  3. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  4. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  7. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【七夕賞(G3)展望】棚ぼた勝利は難しいハンデ戦!? 「G1除外の無念」ヒートオンビートVS「福島の鬼」ヴァンケドミンゴ!
  10. JRA武豊×蛯名正義「同期タッグ」が北の大地でOP初挑戦! 騎乗するのは縁ある「女帝」の孫。重賞初挑戦へ繋がる勝利にかかる期待