NEW

元JRA藤田伸二氏「一番下手クソに見えたのは将雅」皐月賞(G1)1番人気ダノンザキッド15着大敗の川田騎手に辛辣コメント……

【この記事のキーワード】, ,
元JRA藤田伸二氏「一番下手クソに見えたのは将雅」皐月賞(G1)1番人気ダノンザキッド15着大敗に辛辣……の画像1
ダノンザキッド 撮影:Ruriko.I

 18日、中山競馬場で行われた皐月賞(G1)は、2番人気のエフフォーリア(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)が勝利。鞍上の横山武史騎手は、これが嬉しいG1初勝利となった。

「最高です!」

 3馬身差の圧勝劇に、22歳の若武者の笑顔が弾けた。ゴール後は馬上で天高く1本指を突き上げ、昨年のコントレイルに続く「三冠」を主張。父・横山典弘騎手も1998年のセイウンスカイで皐月賞を勝っており、これで史上3組目の親子制覇となった。

 一方、1番人気に支持されながらも、まったく力を発揮できず15着に敗れたのが、ダノンザキッド(牡3歳、栗東・安田隆行厩舎)と川田将雅騎手だ。

「今日は能力を出せずに終わりました」

 一昨年のサートゥルナーリア、そして昨年のコントレイルに続く、ホープフルS(G1)勝ち馬による3連覇が期待されたダノンザキッド。レース1時間前まではエフフォーリアに次ぐ2番人気だったが、直前でファンが1番人気に押し上げたのが本馬だった。

 16頭立ての芝2000mのレース。スタートで隣のエフフォーリアより半馬身ほど前に出たこともあって、逃げ馬を行かせる形の絶好位につけた川田騎手とダノンザキッド。しかし、1コーナーに入る前に首を激しく降るなど、明らかに力みが見られた。

 その後、3コーナーで早めに動いたダノンザキッドだったが、外から先頭集団に並びかけるまでが精一杯。4コーナーで馬群に飲まれると、最後の直線ではほぼ無抵抗のままズルズルと後退……最後はブービーとなる15着でゴールした。

「レース後、『返し馬の感じは抜群だったので自信を持って向かいました』と話していた川田騎手ですが、ダノンザキッドは前走の弥生賞(G2)で4kg減らしており、この日はさらに8kgの馬体減。レース前からイレ込みが目立ちましたし、発汗もかなりあったように見えました。

スタート前の輪乗りの際に、先に一度大外のゲートに入れるなど、イレ込み対策として川田騎手を始め陣営も決して無策ではなかったのですが……。今日はレース前に消耗してしまったことが大きな敗因だと思います」(競馬記者)

 一方、1番人気としてショッキングな敗戦となってしまったダノンザキッドと川田騎手に厳しい見解を示したのが、元JRA騎手の藤田伸二氏だ。

元JRA藤田伸二氏「一番下手クソに見えたのは将雅」皐月賞(G1)1番人気ダノンザキッド15着大敗の川田騎手に辛辣コメント……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由