NEW

JRA C.ルメール2年連続「脇役」回避へ日本ダービー(G1)は超本気モード!? 「片思い」大本命エフフォーリアの「予言」阻止に、思い出される悪魔的騎乗

JRA  C.ルメール2年連続「脇役」回避へ日本ダービー(G1)は超本気モード!? 「片思い」大本命エフフォーリアの「予言」阻止に、思い出される悪魔的騎乗の画像1

 このまま自身の「予言」を成就させるわけにはいかない。

 18日、中山競馬場で行われた皐月賞(G1)は、2番人気のエフフォーリア(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)が3馬身差で圧勝。主戦の横山武史騎手がデビュー当初から惚れ込む大器が、昨年のコントレイルに続く2年連続の無敗三冠制覇へ大きく前進した。

「ダービーホースですよ――」

 エフフォーリアが快勝した2月の共同通信杯(G3)でキングストンボーイに騎乗していたC.ルメール騎手は、勝ち馬のあまりの強さにあっさりと“白旗”宣言。異例のコメントが大きな話題を呼んだが、この日はまさに4年連続リーディングジョッキーの「予言」を証明するかのような圧勝劇だった。

「初めての重賞で、馬場も向いていなかったが、凄くいい競馬をしてくれました。まだ背中が緩い、これからの馬ですよ」

 レース後、コンビを組んだアドマイヤハダルの4着健闘をそう称えたルメール騎手。しかし、勝ったエフフォーリアとは0.6秒差で3馬身以上の開きがあった。

 第2ラウンドの日本ダービー(G1)は約1か月半後……。昨年G1・8勝を挙げ、自身が持つ年間G1最多勝記録を更新した“勝利請負人”にとって「これからの馬」の成長を待っている余裕はない。

「もしかしたら、ルメール騎手は日本ダービーでアドマイヤハダルに騎乗しないかもしれません。今回の皐月賞も騎乗予定だったオーソクレースの回避が直前で決まり、半ば“強奪”のような経緯でアドマイヤハダルとのコンビを結成した経緯があります。

日本ダービーの基本線はオーソクレースだと思いますが、状態を立て直すために放牧に出ているだけに出走は未定。青葉賞(G2)や京都新聞杯(G2)、プリンシパルS(L)といった前哨戦も新たなダービー候補を探すレースになりそうです」(競馬記者)

 2019年のクラシックでは、桜花賞&皐月賞制覇という最高のスタートを決めたルメール騎手。しかし、昨年はコントレイル・デアリングタクトの前に全敗を余儀なくされた。

 今年も桜花賞(G1)ではソダシが、そして皐月賞でもエフフォーリアが無敗で勝利しており、このままでは2年連続の“引き立て役”が濃厚だ。

 ただ、その一方で別の記者は「昨年とは事情が違う」という。

JRA C.ルメール2年連続「脇役」回避へ日本ダービー(G1)は超本気モード!? 「片思い」大本命エフフォーリアの「予言」阻止に、思い出される悪魔的騎乗のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!