NEW

パチンコ新台「一撃12000発」を“2連”で達成! 究極仕様の「ガチ抽選」マシンにファン歓喜!!

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ新台「一撃12000発」を2連で達成! 究極仕様の「ガチ抽選」マシンにファン歓喜!!の画像1
マルホンHPより

 パチンコで熱くなって、思いもよらぬ投資額に達してしまう。「こんなつもりじゃ…」と唇を噛みしめた経験は、皆さんも少なからずあるのではないでしょうか。

 私の場合、こんなケースは日常茶飯事です。運試しで軍資金を2万円と決めてホールへ行くも、気づけば5~6万円もの大金が財布からなくなっている。ひどい時には、お金を下ろして第2回戦に突入することもあります。

 そんな絶望的な状況で最後にたどり着くマシン。それは一発台です。大当りすれば、1度に大量の出玉を獲得できる魅力に満ちたスペック。これまで、幾度となく絶望的な危機を救ってくれました。

 デジタル抽選の確率に翻弄され、身も心もズタボロになった私を玉の動きで癒してくれる一発台。その中でも特にお世話になったのが、マルホンの『CR天龍∞ 7000VS』です。 

 何よりも特徴的なのが、『カイジ』の“人食い沼”を彷彿とさせる盤面中央の3段クルーン。役物内へ玉を入れるのも一苦労ですが、1段目、2段目と玉が突破し3段目へ到達した時のドキドキ感はデジパチの比ではありません。

 この3段クルーンを全て突破すれば、「一撃7000発」ですから、熱くなるのは必然。傾斜などの具合が良い台であれば、終日で「10万発」クラスの出玉を吐き出すポテンシャルがあります。

 アナログファンを中心に、多くのユーザーを虜にしてきた成功機。そんな怪物シリーズ最新作『P天龍∞2』が、遂にマルホンから発売される事となりました。前作以上の一撃性を秘めたスペックに、私の心も燃え滾っている状況です。

「3段クルーンを突破すれば大当り」という基本的なゲーム性は変わりませんが、本機には2つの新要素が追加されています。

 まず一つ目が、「無限回廊」。クルーンへの突入を拒む回転役物が2つ設置されており、玉が∞を描くように流されます。ここで中央のレールへタイミングよく乗れば、クルーンへの道が開かれるようです。

 そして2つ目の新要素が「闘龍門」。3段クルーンを突破して大当りすると「12R1200発×5回」の計6000発が払い出される訳ですが、本機は5セット終了後に連チャンをかけた「ガチ抽選」が行われます。

 盤面左にある「龍GATE」へ入賞させると、専用のクルーンに玉が発射。ここで手前の穴に入賞すれば、再び「5セット6000発」の大当りを獲得できるのです。「闘龍門」成功時の大当り後は通常状態へ戻りますが、最大で「12000発」もの出玉を得られるのは魅力的すぎます。

 これほどまで一撃性が強化された仕上がりは、多くのユーザーの心に突き刺さること間違いないでしょう。私も早く打ちたくてたまりません。

 気になる『P天龍∞2』のリリース予定日は未定のようです。1日でも早くホールへ導入されることを祈りつつ、楽しみに待ちたいと思います。

(文=堀川茂吉)

<著者プロフィール>
 オグリキャップで競馬にハマり大勝負を繰り返してきた。その後は『ウルトラセブン』でパチンコの魅力に心酔し、競馬から離れパチンコ・パチスロのみを楽しむというスタイルを貫いている。ウェブ業界においてはライティング業務に従事。現在はパチMaxの編集部員として、主にパチンコ分野に関する記事作成および編集を行っている。パチスロ4号機時代など過去のエピソードも好んで作成しており、当時だからこそ起こり得た経験談を紹介中。

【注目記事】

パチスロ4号機「一撃5万枚」を期待!? 機械割「119.9%」を超越… 歴代の「トップ5」に驚愕!!

パチスロ「激アツ日!?」で衝撃の展開…現役トップレベル「激甘マシン」確保も大惨敗!?

パチンコ新台「100%ST×1500発」…初代の「優秀遺伝子」を継承!「抜群のスペック」で長期稼働に挑む!!

パチンコ新台「一撃12000発」を“2連”で達成! 究極仕様の「ガチ抽選」マシンにファン歓喜!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!