NEW

パチスロ「謎AT」は「設定5以上」濃厚!?『北斗の拳』シリーズ傑作の「新立ち回り要素」詳解!!

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ「謎AT」は「設定5以上」濃厚!?『北斗の拳』シリーズ傑作の「新立ち回り要素」詳解!!の画像1

 50枚あたりの消化ゲーム数は程よく抑えた約35.8Gで、初当りは必ずATへ直結。ATの1G純増は約2.8枚ながらもスピード感あるゲーム性は既存機随一であり、サミーの『パチスロ北斗の拳 宿命』は時間を選ばないマシンとしても高評価を得ている。

 そんな本機のATへの足掛かりはCZ「宿命の刻」、七星チャンスによる抽選、チャンス役直撃などで、低確or通常滞在時におけるチャンス役直撃割合には大きな設定差が存在する。

 詳しい数値は、2トキA~D成立時のAT当選率が設定1:8%、設定2:8%、設定3:9%、設定4:14%、設定5:21%、設定6:30%で、チャンス目A成立時のAT当選率は設定1:3%、設定2:3%、設定3:4%、設定4:9%、設定5:16%、設定6:25%。

 どちらも高設定ほど優遇されているので、低確or通常からのAT直撃を幾度となく確認できた場合は高設定に期待してよさそうだ。

 また、CZ本前兆中は2トキA~Dやチャンス目A成立でATへの昇格抽選が行われ、こちらの数値も設定1:40%、設定2:40%、設定3:41%、設定4:46%、設定5:53%、設定6:62%と設定に準じてアップ。高確滞在時にこれらを引いた場合は100%ATへ昇格する。

 加えて、本機はリプレイ成立時にAT抽選が行われる特徴もあり、この当選率は設定1:0.01%、設定2:0.01%、設定3:0.02%、設定4:0.02%、設定5:0.10%、設定6:0.21%と設定差特大。1度でも謎ATを確認できた場合は設定5以上に大きな期待が持てる。

 過去に解説した設定推測要素についておさらいすると、小役は1トキ出現率と2トキA出現率に設定差あり。前者は設定1:105.4分の1~設定6:97.8分の1、後者は設定1:302.0分の1~設定6:219.2分の1で、中段「ブランク・トキ絵柄・トキ絵柄」で停止する後者は中押し消化で見抜くことができる(CZ中の疑似遊技は除く)。

 演出関連では、まずBB「伝承」終了時の画面「ガールズ」、BB「拳王」終了時の画面「リュウガ」は高設定示唆。「ジャギ&アミバ」は設定2以外、「トキ」は設定3以外、「世紀末雑魚」は設定2以上、「北斗3兄弟」は設定3以上、「北斗4兄弟」は設定4以上、「南斗五聖拳」は設定5以上、「伝承×拳王×慈母」は設定6の可能性が高まり、これらは伝承or拳王終了時のどちらでも出現する。
 
 AT中は、枚数表示「456枚OVER」「1456枚OVER」は設定4以上、「555枚OVER」「1555枚OVER」は設定5以上、「666枚OVER」「1666枚OVER」は設定6が濃厚。BB「拳王」中は特定枚数上乗せで発生する「断末魔」でも設定が示唆され、「ほくと~」は設定4以上、「ほくとしんけん~」は設定5以上の可能性が高まる。

 もちろん、サミートロフィーによる示唆もあり、銅=設定2以上、銀=設定3以上、金=設定4以上、キリン=設定5以上、虹=設定6と判断して差支えはないだろう。

【注目記事】

パチンコ『牙狼』シリーズ新台が呼んだ“悲劇”!?「ハンマー男」を彷彿とさせる「激ヤバ」の行動…

甘デジ「100連・3万発」の実戦報告!「無双」の名に相応しい「驚異の爆発力」!!

パチンコ新台「11万発」も見える究極RUSH!「超お宝データ」を体験できる激熱マシン!!

パチスロ「謎AT」は「設定5以上」濃厚!?『北斗の拳』シリーズ傑作の「新立ち回り要素」詳解!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!