NEW

JRAマイラーズC(G2)岩田康誠に蘇る「1番人気シンガリ負け」の苦い記憶……。ケイデンスコールを救うのは阪神開催!?

【この記事のキーワード】, ,

JRAマイラーズC(G2)岩田康誠に蘇る「1番人気シンガリ負け」の苦い記憶……。ケイデンスコールを救うのは阪神開催!?の画像1

 25日には、第52回マイラーズC(G2)が阪神競馬場で行われる。

 20日現在、『netkeiba.com』の予想オッズで1番人気に支持されているのは、岩田康誠騎手が騎乗予定のケイデンスコール(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)だ。

 2歳時には、新潟2歳S(G3)を制し、翌年のNHKマイルC(G1)でもアドマイヤマーズの2着に好走。その時点では世代屈指のマイラーという評価を得ていた。しかし、3歳夏から4歳秋にかけては8戦して、2桁着順が5回、最高着順はリステッド競走の5着。1年以上にわたる苦しい時期を過ごした。

 復活を遂げたのは今年初戦の京都金杯(G3)。この時が3度目の騎乗だった岩田康騎手は、積極的に先行策を取ると最後の直線で早めに抜け出して快勝。2年4か月ぶりの勝利を12番人気で飾った。その後の中山記念(G2)でも先行策を取り、ヒシイグアスとクビ差の2着に好走。脚質転換も嵌ってか、かつての輝きを取り戻しつつある。

 近2走の充実ぶりからも、本番では1番人気に支持される可能性が高そうだ。そうなると、岩田康騎手にとって1番人気馬でのマイラーズC騎乗は2度目となる。

 さかのぼること9年前。岩田康騎手はリアルインパクトとのコンビでマイラーズCに参戦。実に7番人気までが単勝1桁台という大混戦のなか、押し出される形で単勝6.0倍の1番人気の支持を受けレースに臨んだ。

 7枠14番から好スタートを決め、中団外目を進んだリアルインパクトと岩田康騎手。「馬は落ち着いていて、流れに乗れた」という鞍上の手応えとは裏腹に、3コーナー過ぎに手応えが怪しくなると、直線でも伸びを欠き、まさかの18着に敗れた。

JRAマイラーズC(G2)岩田康誠に蘇る「1番人気シンガリ負け」の苦い記憶……。ケイデンスコールを救うのは阪神開催!?の画像2

 岩田康騎手が1番人気に支持された重賞レースでシンガリに負けたのは、後にも先にもこの時だけ。当時はロードカナロアやジェンティルドンナなどで“無双状態”だった岩田康騎手にとって、屈辱の敗戦だったことは間違いないだろう。

 その後も、マイラーズCでは、13年クラレント(2番人気、8着)、15年ロサギガンティア(7番人気、8着)、そして18年ヤングマンパワー(5番人気、12着)と人気を下回る惨敗続き。岩田康騎手にとって、あまりいいイメージがないレースと言えるだろう。

 しかし、今年のマイラーズCは改修工事中の京都競馬場に代わって阪神での開催。これがケイデンスコールと岩田康騎手には追い風となるかもしれない。

 かつてのマイラーズCは阪神開催の時期が長く、2004年から11年まで岩田騎手は8度、阪神でのマイラーズCに騎乗している。その間の成績は「0-2-2-4」で複勝率50.0%。馬券に絡んだ4頭の着順は全て人気を上回り、11年には14番人気のクレバートウショウを2着に導いている。

 岩田康騎手にとっては、その時以来となる阪神でのマイラーズC。いいイメージが残っているであろう阪神で“人気以上の着順”を狙う。

JRAマイラーズC(G2)岩田康誠に蘇る「1番人気シンガリ負け」の苦い記憶……。ケイデンスコールを救うのは阪神開催!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?