NEW

JRA 日本ダービー(G1)C.ルメール「強奪」成功で横山武史が大ピンチ!? 陣営が下した仰天プランに話題騒然、令和版ダイワスカーレットVSウオッカ再現の期待

【この記事のキーワード】

, ,

JRA 日本ダービー(G1)C.ルメール「強奪」成功で横山武史が大ピンチ!? 陣営が下した仰天プランに話題騒然、令和版ダイワスカーレットVSウオッカ再現の期待の画像1
サトノレイナス 撮影:Ruriko.I

 女傑ウオッカ以来、14年ぶりの快挙もあるかもしれない。

 白毛の女王ソダシが優勝した桜花賞(G1)で2着のサトノレイナス(牝3、美浦・国枝栄厩舎)が、次走に来月30日に東京競馬場で行われる日本ダービー(G1)に向かうことが分かった。

 また、僚馬のアカイトリノムスメは前走で手綱を執った横山武史騎手からルメール騎手と新たにコンビを結成し、オークス(G1)に向かう。

 先週の皐月賞(G1)をエフフォーリアとのコンビで快勝した横山武騎手にとっては、思わぬ強敵が出現することとなった。

 牝馬のダービー挑戦に驚きは隠せないが、伏線はあった。

 サトノレイナス陣営は桜花賞の敗戦にマイルは忙しいと振り返り、次走についてはオークス出走を明言しないまま、東京のレースに使う予定という表現に留めていた。それを考えるとダービー参戦は不思議ではなかったともいえる。

JRA 日本ダービー(G1)C.ルメール「強奪」成功で横山武史が大ピンチ!? 陣営が下した仰天プランに話題騒然、令和版ダイワスカーレットVSウオッカ再現の期待の画像2
エフフォーリア 撮影:Ruriko.I

 その一方で、混戦と見られていた牡馬クラシック路線は、皐月賞を圧勝したエフフォーリアがライバルに力の差を見せつけた。ナリタブライアン、オルフェーヴルに続く3馬身差での勝利に、一部では早くもダービー当確どころか、三冠という声も出始めている。

 ソダシには桜花賞で敗れたとはいえ、直線の長い東京のオークスで逆転の期待もあったが、皐月賞が終わったこのタイミングでのダービー参戦には少々違和感もある。

「ウオッカのときも3番人気だったように、レース前は今回と似たような雰囲気でした。ただ、終わってみれば3馬身差の大楽勝。単勝オッズ1.6倍と断然人気だったフサイチホウオーは7着に敗れています。やってみないことにはわからないですよ。ルメール騎手とも相談しての決定ですから、それなりに勝算があっての挑戦なのでしょう。

サトノレイナスの里見治オーナーは79歳とご高齢ということもあり、ご自身もダービーへの強い憧れを語っていましたから……。サトノダイヤモンドがハナ差で2着に敗れたのは痛恨でした。昨年はサトノフラッグ、サトノインプレッサの2頭出しで挑みましたがコントレイルに完敗。今年は牡馬で出走可能な馬がいないことも大きかったと思います」(競馬記者)

 そこで思い出されるのはやはりダイワスカーレットVSウオッカの最強牝馬対決に沸いた2007年から2008年だ。

 2頭が激突した2007年の桜花賞はダイワスカーレットがウオッカを退けて優勝。2着に敗れたウオッカ陣営が選択したのはオークスでの再戦ではなく、牡馬が相手のダービーだった。

 残念ながらダイワスカーレットはオークスを感冒で回避、ウオッカは劣勢の下馬評を見事に覆してダービーを制覇。ヒサトモ、クリフジ以来となる64年ぶり史上3頭目の牝馬による快挙を達成した。

 ライバル2頭の対決は以降も続き、ダービー馬となったウオッカは秋華賞(G1)でも宿敵ダイワスカーレットの前に3着と完敗。9番人気マツリダゴッホが大穴を開けた同年の有馬記念(G1)でも2着のダイワスカーレットに対し、11着と差をつけられた。

JRA 日本ダービー(G1)C.ルメール「強奪」成功で横山武史が大ピンチ!? 陣営が下した仰天プランに話題騒然、令和版ダイワスカーレットVSウオッカ再現の期待のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!