NEW

JRA 日本ダービー(G1)マルゼンスキーが干された「謎」に迫る……8戦8勝「合計61馬身差」で引退した悲運の怪物

【この記事のキーワード】, ,

 朝日杯で2着したヒシスピードの小島太騎手が「ありゃバケモンだ」と語ったこともあって、当時マルゼンスキーは規格外の怪物として、その名が知れ渡った。

 だが、その一方で当時の日本競馬にはクラシックを含め、天皇賞などの大レースに外国産馬、そして持込馬を出走させないなど内国産の血、そして生産者を守る方針があった。

 その結果、裁判沙汰さえ考慮された陣営の懇願も空しく、ダービー出走が叶わなかったマルゼンスキーは“腹いせ”に残念ダービーと言われる日本短波賞(現・ラジオNIKKEI賞)に出走。

 このレースには、ダービートライアルだったNHK杯(現・NHKマイルC)の勝ち馬であり、秋にはセントライト記念、京都新聞杯、菊花賞を連勝するプレストウコウが出走していたが、マルゼンスキーが7馬身差をつけて圧勝。スーパーカーぶりを見せつけている。

 続く、札幌の短距離Sで古馬との初対決を迎えたマルゼンスキーだったが、このレースには当初、現役最強「天馬」トウショウボーイも出走予定だった。しかし、マルゼンスキーが出走を表明した後に回避したため、当時は「逃げた」とも囁かれていた(実際には体調不良などが重なった)。

 このレースを勝ち、デビューから8戦8勝としたマルゼンスキー。今後は、マル外(持込馬)が出走できるビッグレース有馬記念を視野に、日本記録となる12連勝の更新、翌年からの海外遠征なども計画されていたが屈腱炎を発症。紆余曲折の末、無念の引退となった。

 通算8戦8勝、2着につけた差が合計61馬身という、まさに規格外の怪物だったマルゼンスキー。圧倒的な力を持っていたことは間違いないが、時代に泣いた名馬だった。

(文=大村克之)

<著者プロフィール>
 稀代の逃亡者サイレンススズカに感銘を受け、競馬の世界にのめり込む。武豊騎手の逃げ馬がいれば、人気度外視で馬券購入。好きな馬は当然キタサンブラック、エイシンヒカリ、渋いところでトウケイヘイロー。週末36レース参加の皆勤賞を続けてきたが、最近は「ウマ娘」に入れ込んで失速気味の編集部所属ライター。

JRA 日本ダービー(G1)マルゼンスキーが干された「謎」に迫る……8戦8勝「合計61馬身差」で引退した悲運の怪物のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか