NEW

JRA M.デムーロ「ダービー&オークス」“見学”の可能性……フローラS(G2)「亡き恩人のために」ユーバーレーベンに懸ける想い

JRA M.デムーロ「ダービー&オークス」見学の可能性……フローラS(G2)「亡き恩人のために」ユーバーレーベンに懸ける想いの画像1

 それでも、この男には期待したい。

 クラシック開幕直前に松山弘平騎手が騎乗停止になったことで、騎乗者が未定となった桜花賞のアールドヴィーヴルと皐月賞のグラティアス。これらの代打騎乗に見事成功したM.デムーロ騎手だったが、喜びもつかの間、今度は競馬の祭典である日本ダービー(G1)とオークス(G1)の両方を“見学”する可能性が出てきている。

 アールドヴィーヴルと共に挑んだ桜花賞(G1)は直線外から追い込むも、4着だったアカイトリノムスメから3馬身離れた5着。グラティアスの皐月賞(G1)は15番枠だったということもあるが、終始外々を回る展開となり、一瞬の脚は見せたものの、ほぼ流れ込むような形で6着に終わった。

 桜花賞から3日後の14日、アールドヴィーヴル陣営は松山騎手とのコンビでオークスに向かうことを早々と発表。また、グラティアス陣営も皐月賞から同じく3日後の21日に、松山騎手とのコンビでダービーに行くことを表明している。

「どうやらデムーロ騎手は、完全に代打要員だったみたいですね。以前であれば日本人騎手から外国人騎手に乗り替わった場合、そのまま乗り続け、なかなか日本人騎手には戻ってこない、なんてこともありましたが、今回は滞りなく松山騎手に戻ることが発表されています」(競馬記者)

 ダービーとオークスで確たる騎乗馬がいなくなってしまったデムーロ騎手。それだけに、今週のフローラS(G2)に出走を予定しているユーバーレーベン(牝3歳、美浦・手塚貴久厩舎)に懸ける期待は強いものがありそうだ。

 ユーバーレーベンの収得賞金は現在のところ1000万円。オークス出走に向けて、決して安泰と言える数字ではない。何とかトライアルで2着以内に入り、優先出走権を獲得したいところだろう。

 だがそれとはまた別に、デムーロ騎手には同馬で何が何でも結果を出したい理由がある。先月19日、残念ながらこの世を去ったマイネル軍団の総帥・岡田繁幸さんである。

「いつもいい馬に乗せていただいて、昔からめちゃくちゃ優しかった」と話すデムーロ騎手。5日、北海道で行われた岡田さんのお別れ会にも出席していた。

 2005年のジャパンC(G1)でコスモバルクの騎乗依頼を受けていたが、自身の落馬で騎乗できなかったことを今でも悔やんでいると言い「競馬界にとっても残念ですし、素晴らしい人だったのでとても悲しいです」と別れを惜しんでいる。

 岡田さんが亡くなった翌日に行われたフラワーC(G3)は、自身の騎乗停止でユーバーレーベンに乗ることができなかった、それだけに、今回は何としてでも結果を出し、亡き恩人に吉報を届けたいところだろう。

 お別れ会では「ユーバーレーベンでオークスを勝ちたい」とも誓ったというデムーロ騎手。やはり、この男の姿は常に大舞台で見ていたいものである。

JRA M.デムーロ「ダービー&オークス」“見学”の可能性……フローラS(G2)「亡き恩人のために」ユーバーレーベンに懸ける想いのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  2. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  3. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  4. JRA【オークス(G1)展望】桜花賞馬を“捨てた”川田将雅の決断…大混戦「樫の女王決定戦」は新星アートハウスVS桜花賞組!
  5. JRAレイパパレも「8番目」の被害者に…M.デムーロ、川田将雅も打つ手なし!? オークス(G1)「凡走条件」に当て嵌まるのはどっち
  6. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  7. JRA「何故」ソダシの独壇場だったのか。G1馬5頭の史上最高メンバー集結も、拍子抜けのワンサイド…楽勝劇を生んだ「思惑」の交差と「想定外」のアクシデント
  8. JRAオークスでファンを悩ませる川田将雅とアートハウス、ルメールとスターズオンアースの乗り替わり。そして盲点となる意外な穴馬!
  9. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」