NEW

デアリングタクトがQE2世C(G1)で海外Vに挑戦! チェアマンズSP(G1)はダノンスマッシュ「1強ムード」も、ローテに一抹の不安?【香港チャンピオンズデー展望】

デアリングタクトがQE2世C(G1)で海外Vに挑戦! チェアマンズSP(G1)はダノンスマッシュ「1強ムード」も、ローテに一抹の不安?【香港チャンピオンズデー展望】の画像1

 25日に香港のシャティン競馬場で行われる「香港チャンピオンズデー」。日本からは合計5頭が出走を予定している。

 まず、芝2000mを舞台に開催されるのがクイーンエリザベス2世C(G1)だ。7頭立てという少頭数になったが、過半数の4頭が日本勢。もちろん最大の注目はデアリングタクト(牝4歳、栗東・杉山晴紀厩舎)で間違いないだろう。

 1番ゲートからの発走が決まったデアリングタクト。鞍上はJRA所属騎手としては唯一、香港に渡った松山弘平騎手が務める。

 前走の金鯱賞(G2)では、単勝オッズ1.4倍の断然人気に支持されたデアリングタクトと松山騎手。最内1番枠から五分のスタートを切ったが、10頭立ての中団に控え、向正面ではうまく外に持ち出した。3コーナーすぎに松山騎手の手が動き、早めに仕掛けたものの、逃げたシンガリ人気のギベオンを捉えきれず。ジャパンC(G1)3着に続き、まさかの2連敗を喫した。

 大番狂わせともいえる黒星には松山騎手も「人気に支持していただいたので、結果として申し訳ありませんでした」とうなだれた。

 その後は宇治田原優駿ステーブルで2週間ほど調整され、先月31日に栗東に帰厩。11日に坂路、14日にはCWコースでいずれも馬なりで好時計をマークした。トレセン内での検疫を経て、15日に香港に向けて出国した。

 杉山調教師は「今回初の海外遠征となりますが、我々が想像している以上に精神面はタフで逞しい」と三冠牝馬にとって、初めての海外遠征にも大きな不安は感じていない様子だ。

 21日にはシャティン競馬場の芝コースで追い切りが行われ、4ハロン54秒2-2ハロン25秒0をマーク。騎乗した松山騎手は「今日は馬なりで、リズムを重視しました。動きは問題ありません。この2日間はリラックスできていると思います」と手応えを口にした。

 秋華賞(G1)以来となる勝利に向けて、態勢は整ったとみていいだろう。

デアリングタクトがQE2世C(G1)で海外Vに挑戦! チェアマンズSP(G1)はダノンスマッシュ「1強ムード」も、ローテに一抹の不安?【香港チャンピオンズデー展望】の画像2

 そのデアリングタクトのライバル筆頭が5番ゲートからの発走が決まったラヴズオンリーユー(牝5歳、栗東・矢作芳人厩舎)だ。

 19年に無敗でオークス(G1)を制したが、その後はなかなか勝てず。連敗を6で止めたのが、今年2月の京都記念(G2)だった。1年7か月ぶりの勝利を飾ると、ドバイシーマクラシック(G1)で海外初挑戦を果たした。

 同世代牝馬のクロノジェネシスとアイルランドのモーグルが人気を集め、ラヴズオンリーユーは少し離された3番人気。しかし、レースでは最後の直線でクロノジェネシス、ミシュリフと3頭によるデッドヒートを展開。ラヴズオンリーユーが一瞬抜け出したかに見えたが、最後はミシュリフが日本馬2頭をまとめて差し切った。

 クビ差2着にはクロノジェネシス、さらにクビ差の3着にラヴズオンリーユーが入った。日本からドバイ、さらに香港への2度目の長距離輸送を経て、中3週での競馬。しかし、馬自体は疲れを見せていないようだ。

 16日に香港に到着後、21日にはシャティン競馬場の芝コースで追い切られ、4ハロン51秒7-2ハロン23秒6をマーク。陣営も「無事追い切りを終えて、順調に来ています」と自信をのぞかせた。

 それでも実績的には、あくまでも1歳下の3冠牝馬デアリングタクトに挑戦する立場。香港の地で惜敗した前走の悔しさを晴らすことはできるか。

デアリングタクトがQE2世C(G1)で海外Vに挑戦! チェアマンズSP(G1)はダノンスマッシュ「1強ムード」も、ローテに一抹の不安?【香港チャンピオンズデー展望】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!