NEW

JRA セイウンスカイ、ニシノフラワーの西山茂行オーナー「ウマ娘」反響にびっくり!? 前年比120%超え続出、“ブーム”は馬券売上にも影響明らか

JRA セイウンスカイ、ニシノフラワーの西山茂行オーナー「ウマ娘」反響にびっくり!? 前年比120%超え続出、ブームは馬券売上にも影響明らかの画像1

 今月、500万ダウンロードを突破するなど、異例の大ヒットとなっているゲームアプリ『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)。イベント関連の話題がTwitterでも度々トレンド入りしているように、今最も注目されているアプリゲームの1つです。

 一方、実在の競走馬が擬人化し、アイドルとして登場するコンセプトに抵抗のある方もいるそうで、発表当初はネット上でも賛否両論がありました。大手馬主さんの中でも「大人の事情」で登場が先送りになっている名馬も少なくないとか……。

 “事情”はもちろん理解できますが、ウマ娘ファンにとっては、1人でも多くの名馬が登場してほしいところ……そんな中、また1人「ウマ娘」に賛同の声を挙げてくださる方がいらっしゃいました。

 GJでもインタビュー等でお世話になっている「ニシノ」「セイウン」の西山茂行オーナーです。「ウマ娘」では、ニシノフラワーやセイウンスカイが登場しています。

「西山オーナーは一言でいえば『大物馬主』という表現がピッタリの方。とても大らかな方で、ウマ娘についても『セイウンスカイやニシノフラワーを好きになってくれる人が増えてくれれば嬉しい』といったスタンスのようです。

ただ、ブログの方では『ダビスタの新しいバージョンみたいなゲーム』と綴られていますし、ウマ娘については、そこまで詳しくはないのかも。それでOKしてしまうところが、まさに大物という感じですね(笑)」(競馬記者)

 しかし、そんな西山オーナーも「ウマ娘パワー」には驚きを隠せないようです。

 22日には『異常なアクセス数になっている』というタイトルでブログを更新。Twitterでウマ娘について呟いたところバズって驚いたとか。自身のブログもセイウンスカイが亡くなった時や、2019年の菊花賞(G1)で2番人気だったニシノデイジーの鞍上にC.ルメール騎手を起用した時のアクセス数に匹敵しているとのことでした。

「先日の桜花賞(G1)の際には、メイケイエールのオーナー・名古屋競馬の中西肇社長が『ぜひ、加えてもらえたら』と話していたように、ウマ娘の今の勢いは競馬界にとっても無視できないものになっている印象です。

G1レースの馬券売り上げも、2月のフェブラリーSが前年比96.4%だったにもかかわらず、ウマ娘ブームに火が付いたこの春は大阪杯が135.5%、桜花賞が130.2%、皐月賞も124.7%と“ウマ娘効果”は明らか。これには主催のJRAも左団扇でしょうね」(同)

「彼らの功績が20年も、25年も経過した今でも生きていることが嬉しいのだ。逆に今だに、この2頭が話題になるのがわしには不思議でならない」(原文ママ)

 今なお、形を変えて愛されるセイウンスカイやニシノフラワーについて、率直な感想を綴っている西山オーナー。有名な大物馬主の好意を得て、ウマ娘ブームはますます加速しそうですね。

(文=藤田ハチ子)

<著者プロフィール>
 藤田菜七子騎手のデビューと同時期に編集部デビュー。2日遅れだったことで「ハチ子」と命名される。以来、渋谷の忠犬ハチ公像にどこか親近感を覚える。法則、オカルト好きでTOCANA愛読者。毎年、日本ダービーで1枠からの流し馬券を買うのが恒例行事。

JRA セイウンスカイ、ニシノフラワーの西山茂行オーナー「ウマ娘」反響にびっくり!? 前年比120%超え続出、“ブーム”は馬券売上にも影響明らかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  4. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  5. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  6. JRA【プロキオンS(G3)展望】G1で2着の「2億円馬」が三度目の正直!? ダートで覚醒へ、オルフェーヴル産駒ラーゴムにも注目!
  7. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  8. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  9. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  10. 元JRA藤田伸二氏「幸四郎も凄かった」初重賞初勝利で思い出した25年前、武豊“全弟”による史上唯一の快挙とは