NEW

JRA C.ルメール「強奪」で横山武史が大ピンチ!? 藤田菜七子「無念の降板」へ……皐月賞(G1)1番人気ダノンザキッド「何故」大敗した?【週末GJ人気記事総まとめ】

【この記事のキーワード】, ,

JRA C.ルメール「強奪」で横山武史が大ピンチ!? 藤田菜七子「無念の降板」へ……皐月賞(G1)1番人気ダノンザキッド「何故」大敗した?【週末GJ人気記事総まとめ】の画像1

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。今週人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!!

JRA C.ルメール「強奪」で横山武史が大ピンチ!? 藤田菜七子「無念の降板」へ……皐月賞(G1)1番人気ダノンザキッド「何故」大敗した?【週末GJ人気記事総まとめ】の画像2JRA皐月賞(G1)1番人気ダノンザキッドは「何故」大敗したのか。安藤勝己氏が語った「敗因」と止められなかった負の連鎖

ライター「A」:先週の皐月賞で1番人気だったダノンザキッドですが、残念ながら15着に大敗してしまいました。

デスク「Y」:レース前から結構、イレ込んでる感じだったね。川田騎手が上手になだめてたけど、暑いせいもあって発汗も他の馬より目立ったし……。

ライター「A」:馬体重もホープフルS(G1)の時から12kgも減っていました。

デスク「Y」:普通、あんな負け方する馬じゃないからね。やっぱりサートゥルナーリアとかコントレイルの例に倣って、今はもう弥生賞(G2)とかトライアルを使わない方が良いのかな?

ライター「A」:その弥生賞を勝ったタイトルホルダーが2着でしたからね。一概には言えませんが、前走・共同通信杯(G3)組のエフフォーリアとステラヴェローチェが1、3着。2カ月以上の間隔を空けた方が、どちらかといえばいい結果が出ているのは確かみたいです。

デスク「Y」:元騎手の藤田(伸二)さんは、ダノンザキッドの仕掛けどころが早すぎたって指摘しているね。

ライター「A」:難しいところですね。一般論としては藤田さんが言う通り、かなり積極的な仕掛けのタイミングだったと思いますが、その一方で元騎手の安藤(勝己)さんが指摘している通り、仕掛け遅れての3着だった前走の弥生賞を教訓にした川田騎手の気持ちもわかります。ただ、それ以前にもう手応えがなかったような……。

デスク「Y」:その辺りの詳細については、川田騎手の『VOICE』に期待したいね。

ライター「A」:『netkeiba.com』の新連載コラムですよね。でも、あれは隔週更新らしいですよ。今週は高松宮記念の回顧をされていたので、もう少し先の話になりそうです。

デスク「Y」:マジか。日本ダービーには間に合ってほしいな。これで人気薄になるようなら、オジサンはもう1回ダノンザキッド本命で行くぞ!

ライター「A」:皐月賞の「◎」ダノンザキッドだったんですね。そのせいで来なかったんじゃ……。

デスク「Y」:もう馬券が換金されるモノだってことも忘れたよ……。


JRA 日本ダービー(G1)C.ルメール「強奪」成功で横山武史が大ピンチ!? 陣営が下した仰天プランに話題騒然、令和版ダイワスカーレットVSウオッカ再現の期待

ライター「A」:ルメール騎手の動向が注目されていましたが、どうやらオークス(G1)ではアカイトリノムスメ、日本ダービー(G1)ではサトノレイナスに騎乗するようです。

デスク「Y」:横山武史騎手からエフフォーリアは譲ってもらえなかったけど、アカイトリノムスメは譲ってもらえたんだね。

ライター「A」:鞍上を決めるのは基本陣営ですから、横山武騎手が譲ったわけではないですけどね。アカイトリノムスメは東京のクイーンC(G3)を勝っていますし、オークスはさらに期待できそうです。

デスク「Y」:サトノレイナスも楽しみだよね。今は牝馬が平気で牡馬に勝っちゃう時代だし、やっぱりウオッカの例もあるし。

ライター「A」:現在の牡馬クラシック戦線はエフフォーリアの1強といった感じですし、サトノレイナスも逆転を期待するファンからの人気を集めるでしょうね。

デスク「Y」:里見(治)オーナーもダービー勝ちたいだろう。でも、実際のところどうなの?

ライター「A」:陣営はもともと「マイルが短い」と言っていますし、2400mは問題なさそうです。鍵はスタートでしょうね。桜花賞(G1)も出遅れてましたし、後方一気でダービーを勝つのは相当難しいですよ。

デスク「Y」:いずれにせよ、ダービーは1枠を買っておけばいいんでしょ? オジサンからすれば、あんな簡単で嬉しいレースはないよ。ロジユニヴァースは最高の思い出です!

ライター「A」:あの時は仕事中に一人だけ大はしゃぎして、ヒンシュク買ってましたね……。

JRA C.ルメール「強奪」で横山武史が大ピンチ!? 藤田菜七子「無念の降板」へ……皐月賞(G1)1番人気ダノンザキッド「何故」大敗した?【週末GJ人気記事総まとめ】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  3. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  4. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  5. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  6. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  9. JRA 日本ダービー(G1)競馬ファンなら知っていて当然? 武豊と「キンコンカン」の密接な関係…出会い、絶縁、屈辱を味わった超大物たち
  10. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練