NEW

JRA【天皇賞・春(G1)展望】コントレイル世代のディープボンドVSアリストテレスが一騎打ち! 27年ぶり阪神開催は大混戦★上位人気馬予想オッズ付き★

【この記事のキーワード】, ,

JRA【天皇賞・春(G1)展望】コントレイル世代のディープボンドVSアリストテレスが一騎打ち! 27年ぶり阪神開催は大混戦★上位人気馬予想オッズ付き★の画像1

 5月2日に開催される第163回天皇賞・春(G1)。今年は、27年ぶりに阪神競馬場が舞台となる。

 使用するコースは1周目に外回り、2周目には内回りを走る非常に特殊な形態。2006年に外回りコースが新設されて以降、この条件で行われたのは今年2月の松籟S(3勝クラス)だけである。

 今年はフルゲート18頭に対し、17頭が登録済み。今年はステイヤー色の濃い馬が上位人気に支持されそうだ。

★上位人気馬の単勝予想オッズ★
・ディープボンド 3.7倍
・アリストテレス 3.8倍
・ワールドプレミア 4.4倍
・ウインマリリン 10.2倍
・カレンブーケドール 10.5倍

 ディープボンド(牡4歳、栗東・大久保龍志厩舎)は前哨戦の阪神大賞典(G2)を圧勝し、勢いに乗る。1年前の皐月賞(G1)では、単勝オッズ360.9倍、シンガリ18番人気という低評価を受けていたが、1年経ってG1で1番人気が予想されるまでに成長を遂げた。

 皐月賞では10着に敗れたが、続く京都新聞杯(G2)で重賞初制覇を飾ったディープボンド。続く日本ダービー(G1)では、8番人気で5着と掲示板を確保した。秋には神戸新聞杯(G2)と菊花賞(G1)で連続4着に好走。コントレイルと同じ前田晋二氏の所有馬ということもあって、あくまでも脇役としてクラシック路線を歩んだ。

 4歳を迎え、中山金杯(G3)は14着に大敗したが、重馬場で行われた阪神大賞典で2着に5馬身差をつける圧勝。一転、主役候補として、4度目のG1に臨む。

 前走の勝ちっぷりで一気に評価を高めたが、良馬場でも同じようなパフォーマンスができるかどうかがカギ。今の阪神芝は時計が出易い高速馬場になっており、苦戦する可能性も考えられる。ある程度時計がかかる馬場が理想だが、週間天気予報を見ると、週半ばに傘マークがある。レースまでの降水量が運命を左右するかもしれない。

 中距離の王道路線を進むコントレイルに代わって、長距離路線を任されたディープボンド。重賞2連勝での戴冠を狙う。

 阪神大賞典では、そのディープボンドから2秒2差の7着に沈んだアリストテレス(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)が巻き返しを図る。

 3走前の菊花賞ではコントレイルを最後まで苦しめ、2走前のAJCC(G2)では不良馬場をこなした。そのため長距離戦で道悪なら、勝利は堅いとみられたが、単勝オッズ1.3倍を裏切った。

 鞍上を務めたC.ルメール騎手はレース後、「敗因は馬場かもしれません」と釈然としないコメントを残した。2秒2差を逆転するのは決して簡単ではないが、菊花賞2着という実績からディープボンドと人気を分け合う形になることが予想される。

 コントレイル世代の4歳馬2頭による一騎打ちとなるのか。ちなみにこの世代はステイヤー色の濃い馬が多く、昨年6月以降の2400m以上の古馬混合重賞では「3-2-1-5」で、勝率は27.3%、複勝率も54.5%という好成績を残している。

JRA【天皇賞・春(G1)展望】コントレイル世代のディープボンドVSアリストテレスが一騎打ち! 27年ぶり阪神開催は大混戦★上位人気馬予想オッズ付き★のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
2ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
3武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
4JRA 池添謙一「世知辛い時代」自身も経験した悪夢、セリフォス降板を告げられた後輩に「もっともっと上手くなろう。頑張ろう」
5ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
6「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
7ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
8秋G1予想「やってはいけない」愚行3選! 「ルメール切り」に続く、ジャパンC(G1)でも逆らってはいけないジョッキーたち
9「永遠のライバル」が来年度「種付け料」で明暗!? 800万大幅増エピファネイアに対し、キズナ僅か200万増……。その陰に「アノ馬」の存在?
10年内引退報道「一斉削除」にファンも混乱!? ジャパンC(G1)で「キセキの復活」はあるか?