NEW

JRA 岩田康誠「騎乗停止」で“お手馬”は誰の手に? 他人の騎乗停止こそチャンス到来!? 代打はいくらでもいる現実!

【この記事のキーワード】, ,

JRA 岩田康誠「騎乗停止」でお手馬は誰の手に? 他人の騎乗停止こそチャンス到来!? 代打はいくらでもいる現実!の画像1

 まさに見事な代打ホームランだった。

 25日、阪神競馬場で行われたマイラーズC(G2)は、2番人気ケイデンスコールが優勝。騎乗予定だった岩田康誠騎手に突然の騎乗停止処分が下され、同馬の乗替り役に指名されたのは古川吉洋騎手。テン乗りにも関わらず、まさに“会心のひと振り”で、テイエムジンソクで制した2018年の東海S(G2)以来、自身2度目のG2優勝を果たした。

 対照的だったのは、1番人気に推された池添謙一騎手のエアロロノアだ。

 前走で同馬の手綱をとったのは、デアリングタクト騎乗のため香港へ渡航していた松山弘平騎手。その乗替わりで代打騎乗した池添騎手は、2019年のマイルCS(G1)で福永祐一騎手から、昨年の安田記念(G1)でC.ルメール騎手から、それぞれ乗り替わって勝利を収めるなど、競馬きっての代打職人。しかし、この日のマイラーズCでは人気に応えられず馬券圏外の5着に沈んだ。

 マイラーズCで突然のチャンスをモノにした古川吉騎手の「代打成績」は優秀だ。過去10年の2012年から17年まで、乗替りによる勝利は6年連続で10勝以上をマーク。とくに17年は自身36勝のうち乗替りで17勝も記録している。

 1996年のデビュー以来、今年4月18日まで9686回の騎乗数を誇る古川吉騎手。そのうち5368回もの乗替りを経験しており、継続騎乗に対して乗替りは55.4%と半数を超える。

 その騎手人生のうち半数以上が乗替りで成り立っている古川吉騎手は、まさに「代打稼業」で賞金を稼ぐ、職人的ジョッキーといえるだろう。

 一方、後輩騎手への恫喝行為に端を発して、今回の騎乗停止処分を受けた岩田康騎手。通常、処分を受けた騎手は騎乗予定馬がいることから、翌々週以降のレースに騎乗できなくなるケースが一般的だ。

 しかし今回は、その行為があまりにも悪質と判断されたのか、翌日から即騎乗停止となった。岩田康騎手の騎乗予定馬の関係者が、突然の事態に苦慮したことは想像に難くない。

 とにかく、来週以降の岩田康騎手からの乗替り案件も気になるところ。ちなみに昨年、岩田康騎手からの乗替りの「恩恵」を最も受けたのは、エージェントが同じ福永祐一騎手だった。

JRA 岩田康誠「騎乗停止」でお手馬は誰の手に? 他人の騎乗停止こそチャンス到来!? 代打はいくらでもいる現実!の画像2

 昨年リーディング3位の134勝を挙げた福永騎手は、岩田康騎手からの乗替りが14度もあり、3勝、2着2回、3着1回の好成績をマークしていた。

 昨年204勝でリーディングトップの座についたC.ルメール騎手は、岩田康騎手から7度の乗替りのうち2勝。昨年2位の川田将雅騎手は、6度の乗替りから1勝、2着1回。

 岩田康騎手と入れ替わるように、今から復帰予定の昨年5位の武豊騎手は8度。そのうち0勝、2着1回、3着2回という成績が残っている。いずれにせよ、自らの愚行により騎乗停止処分を受けた岩田康騎手の代打候補は、いくらでもいるのが現実といえるだろう。

 自らの愚行で、継続騎乗のチャンスを手放してしまった岩田康騎手。一方で、突然の代打騎乗で得たチャンスを、見事に掴んだ古川吉騎手。

 あくまで主戦は岩田康騎手であるもののケイデンスコール陣営としても、結果を残した古川吉騎手に継続騎乗を依頼してもおかしくはない。今回の事件で、岩田康騎手は自らの手でケイデンスコール以外の有力馬を手放す可能性もあるはずだ。

 乗替り案件には、馬主の主張や調教師の判断など、さまざまな思惑が発生する。いわゆる強奪的な乗り替わりか、もしくは下手に乗った影響での乗替りか、果ては今回のようなジョッキーが起こした思いがけない事件による降板か。代打騎乗には関係者しか知り得ない奥深いドラマがある。

JRA 岩田康誠「騎乗停止」で“お手馬”は誰の手に? 他人の騎乗停止こそチャンス到来!? 代打はいくらでもいる現実!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!