NEW

JRA 天皇賞・春(G1)武豊ワールドプレミア騎乗ならずも復帰初週から期待馬続々!? キタサンブラックコンビ復活なら“砂のディープインパクト”彷彿も

【この記事のキーワード】, ,

JRA 天皇賞・春(G1)武豊ワールドプレミア騎乗ならずも復帰初週から期待馬続々!? キタサンブラックコンビ復活なら砂のディープインパクト彷彿もの画像1

 3月20日の阪神10Rで右足甲を骨折し、戦線を離脱していた武豊騎手が22日、栗東トレーニング・センターでの騎乗を再開。自身のホームページでは「今週は元々予定していなかったので騎乗依頼自体がありませんが、5月の第1週から実戦にも乗ります」と報告。5月1日からの開催でレースに復帰することも明らかにした。

 武豊騎手は土日ともに阪神競馬場での騎乗を予定。目標としていた天皇賞・春(G1)でワールドプレミアの騎乗は叶わなかったが、土曜9R矢車賞のマジカルステージや日曜9R山陽特別のチュウワノキセキなど、その他のレースでも有力馬が続々と集まっているようだ。

 そんな中、注目したいのが端午S(OP)に出走を予定しているワーズワース(牡3歳、栗東・清水久詞厩舎)。現在のところ鞍上は未定となっているが、武豊騎手が手綱を執り勝利へと導いた経験もあるだけにコンビ復活が期待される1頭といえるだろう。

JRA 天皇賞・春(G1)武豊ワールドプレミア騎乗ならずも復帰初週から期待馬続々!? キタサンブラックコンビ復活なら砂のディープインパクト彷彿もの画像2

 武豊騎手と清水久詞調教師のコンビといえばキタサンブラックが有名。G1・7勝を挙げ、JRA顕彰馬にも選出された歴史的名馬である。

 同じ清水調教師とのコンビ復活が期待されるワーズワースは、戸崎圭太騎手が騎乗したダートの新馬戦を3馬身差で圧勝すると、2戦目の1勝クラスで武豊騎手に乗り替わりデビューから2連勝。初の芝レースとなったニュージーランドT(G2)では北村宏司騎手とのコンビで13着と惨敗しており、武豊騎手の復帰で再び手綱が戻る可能性も十分にありそうだ。

 武豊騎手といえば、2005年の端午Sでカネヒキリに騎乗している。

 未勝利戦からダートで2連勝を飾り、芝レースとなった毎日杯(G3)で7着に惨敗。再び端午Sでダート戦に挑んだ経緯は、ワーズワースと似ているともいえるだろう。

 端午Sで2着エイシンニュートンに9馬身差をつけて圧勝したカネヒキリはユニコーンS(G3)、ジャパンダートダービー(G1)、ダービーGP(G1)と4連勝。続く武蔵野S(G3)では2着と敗れたが、その後はジャパンCダート(G1)、フェブラリーS(G1)を連勝し、地方を含むG1・7勝を挙げた。

 ディープインパクトと同期のノーザンファームの生産馬。同じ金子真人オーナーの所有馬で、主戦も武豊騎手であることから“砂のディープインパクト”と呼ばれたのは有名な話である。

 カネヒキリが端午Sにダート2戦2勝で挑んだ時と同じく、ワーズワースもダートでは未だ負けなし。武豊騎手に再び手綱が戻るようなら、カネヒキリのような明るい未来が待っているかもしれない。

「大事なレースが続いているので、サッと軌道に乗せていくつもりです」

 復帰に向けて、そのようにも綴った武豊騎手。ワーズワースには、その一端を担う活躍に期待したいところだ。

JRA 天皇賞・春(G1)武豊ワールドプレミア騎乗ならずも復帰初週から期待馬続々!? キタサンブラックコンビ復活なら“砂のディープインパクト”彷彿ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊の「新人最多勝」超えで慢心!? デビュー年の勝利数を超えるまで11年の遠回り、元天才騎手の「身から出た錆」発言
  2. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  3. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  4. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  5. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ
  6. JRA川田将雅でも武豊でもない、復活の立役者はあの男!? 昨年「12位」→今年「断トツ1位」大記録失った名門厩舎が驚異の大逆襲!?
  7. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  8. JRAスミヨン、デムーロ、ルメールが「格の違い」を証明…クビになった中堅騎手が味わった屈辱、あの名牝の全弟がデビュー
  9. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  10. JRA今村聖奈「一発回答」に岩田望来が赤っ恥!? グループ内での「序列低下」も現実味……エージェント同一も「重賞97連敗」の体たらく